ブリュッセル攻撃で英国のEU離脱予想強まる

一部予想サイトでは離脱確率は45%に上昇

3月22日、ブリュッセルで発生した同時爆発攻撃を受け、英国のEU離脱が6月の国民投票で決まるとの予想確率が高まった。ロンドンで2月撮影(2016年 ロイター/HANNAH MCKAY)

[ロンドン 22日 ロイター] - ブリュッセルで22日発生した同時爆発攻撃を受け、英国の欧州連合(EU)離脱が6月の国民投票で決まるとの予想確率が高まった。

賭け屋のパディパワーによると、英国がEUを離脱する倍率は7/4(36%)。21日は2/1(33%)だった。

ベットフェアが示す離脱確率は36%。賭け屋大手4社が示す倍率は6/4(40%)となった。

政治予想サイト、プリディクトイットによると、離脱確率は45%にまで上昇した。

一部の離脱論者は、EUの自由移動政策で、ブリュッセルの同時爆発攻撃が可能になったとの主張を展開した。

関連記事
トピックボードAD
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。