ブリュッセル攻撃で英国のEU離脱予想強まる

一部予想サイトでは離脱確率は45%に上昇

3月22日、ブリュッセルで発生した同時爆発攻撃を受け、英国のEU離脱が6月の国民投票で決まるとの予想確率が高まった。ロンドンで2月撮影(2016年 ロイター/HANNAH MCKAY)

[ロンドン 22日 ロイター] - ブリュッセルで22日発生した同時爆発攻撃を受け、英国の欧州連合(EU)離脱が6月の国民投票で決まるとの予想確率が高まった。

賭け屋のパディパワーによると、英国がEUを離脱する倍率は7/4(36%)。21日は2/1(33%)だった。

ベットフェアが示す離脱確率は36%。賭け屋大手4社が示す倍率は6/4(40%)となった。

政治予想サイト、プリディクトイットによると、離脱確率は45%にまで上昇した。

一部の離脱論者は、EUの自由移動政策で、ブリュッセルの同時爆発攻撃が可能になったとの主張を展開した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT