ベルギー、パリ攻撃関連の捜索で16人拘束

首都ブリュッセルで厳戒態勢続く

11月22日、ベルギーの警察当局はパリ同時攻撃関連でブリュッセルで捜索を行い、16人を拘束した。写真はブリュッセルで警戒活動に当たる兵士ら(2015年 ロイター/YVES HERMAN)

[ブリュッセル 23日 ロイター] - ベルギーの警察当局は22日夜、パリ同時攻撃関連でブリュッセルで捜索を行い、16人を拘束した。攻撃に関与した疑いで国際手配中のサラ・アブデスラム容疑者は含まれていない。

ミシェル首相は22日の記者会見で、パリで起きたような同時攻撃の可能性に懸念を表明し、警戒水準を4段階の最高を維持する方針を明らかにした。23日も首都圏は地下鉄は運行停止、学校が休校になるなど多くの機能が停止する。

検察によると、捜索で武器や爆発物は見つからなかったという。

欧州連合(EU)関係者によると、23日のユーロ圏財務相会合は開催されるが、その他のEU関連会合は中止された。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。