ベルギー、パリ攻撃関連の捜索で16人拘束

首都ブリュッセルで厳戒態勢続く

11月22日、ベルギーの警察当局はパリ同時攻撃関連でブリュッセルで捜索を行い、16人を拘束した。写真はブリュッセルで警戒活動に当たる兵士ら(2015年 ロイター/YVES HERMAN)

[ブリュッセル 23日 ロイター] - ベルギーの警察当局は22日夜、パリ同時攻撃関連でブリュッセルで捜索を行い、16人を拘束した。攻撃に関与した疑いで国際手配中のサラ・アブデスラム容疑者は含まれていない。

ミシェル首相は22日の記者会見で、パリで起きたような同時攻撃の可能性に懸念を表明し、警戒水準を4段階の最高を維持する方針を明らかにした。23日も首都圏は地下鉄は運行停止、学校が休校になるなど多くの機能が停止する。

検察によると、捜索で武器や爆発物は見つからなかったという。

欧州連合(EU)関係者によると、23日のユーロ圏財務相会合は開催されるが、その他のEU関連会合は中止された。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • グローバルアイ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT