ベルギー、パリ攻撃関連の捜索で16人拘束

首都ブリュッセルで厳戒態勢続く

11月22日、ベルギーの警察当局はパリ同時攻撃関連でブリュッセルで捜索を行い、16人を拘束した。写真はブリュッセルで警戒活動に当たる兵士ら(2015年 ロイター/YVES HERMAN)

[ブリュッセル 23日 ロイター] - ベルギーの警察当局は22日夜、パリ同時攻撃関連でブリュッセルで捜索を行い、16人を拘束した。攻撃に関与した疑いで国際手配中のサラ・アブデスラム容疑者は含まれていない。

ミシェル首相は22日の記者会見で、パリで起きたような同時攻撃の可能性に懸念を表明し、警戒水準を4段階の最高を維持する方針を明らかにした。23日も首都圏は地下鉄は運行停止、学校が休校になるなど多くの機能が停止する。

検察によると、捜索で武器や爆発物は見つからなかったという。

欧州連合(EU)関係者によると、23日のユーロ圏財務相会合は開催されるが、その他のEU関連会合は中止された。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 若者のための経済学
  • 今日も香港から
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。