ベルギー、パリ攻撃関連の捜索で16人拘束

首都ブリュッセルで厳戒態勢続く

11月22日、ベルギーの警察当局はパリ同時攻撃関連でブリュッセルで捜索を行い、16人を拘束した。写真はブリュッセルで警戒活動に当たる兵士ら(2015年 ロイター/YVES HERMAN)

[ブリュッセル 23日 ロイター] - ベルギーの警察当局は22日夜、パリ同時攻撃関連でブリュッセルで捜索を行い、16人を拘束した。攻撃に関与した疑いで国際手配中のサラ・アブデスラム容疑者は含まれていない。

ミシェル首相は22日の記者会見で、パリで起きたような同時攻撃の可能性に懸念を表明し、警戒水準を4段階の最高を維持する方針を明らかにした。23日も首都圏は地下鉄は運行停止、学校が休校になるなど多くの機能が停止する。

検察によると、捜索で武器や爆発物は見つからなかったという。

欧州連合(EU)関係者によると、23日のユーロ圏財務相会合は開催されるが、その他のEU関連会合は中止された。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。