最新!「保活難民」にならない自治体はここだ

就労と保育の「卵か鶏か」問題に挑む街

画像を拡大
AERAワーキングマザー1000人委員会アンケート「私の住む街に一言!」

今回の共同調査(AERA2016年3月28日号)でも、保育に関する指標は郊外のほうが高めだった。激戦の「保活」を勝ち抜き、園庭のない園に預け、延長保育の終了ギリギリにお迎えに駆け込む生活ばかりが「両立」ではない。働き方の選択肢を広げたら、住むところの選択肢も広がる。

週3、4日、2歳の子どもと一緒に自転車で「通勤」。午後3時に仕事を終え、上の子の幼稚園のお迎えへ。そんな働き方をしているのは、多摩市に住む海老澤裕加さん(36)だ。海老澤さんの職場は、京王線聖蹟桜ケ丘駅直結のショッピングセンター内にある「京王ママスクエア」。仕事スペースの横にキッズスペースがあり、スタッフに子どもを預けて働ける。多摩市はこの施設に助成金を出している。

ママスクエアを利用すれば、一石二鳥の仕組み

仕事は、大手企業から委託された電話営業。一定期間取引のない顧客に電話をかけ、営業アポを取り付ける。ママスクエアを利用すれば、仕事を得られ、託児も利用できる一石二鳥の仕組みだ。時給は業界相場よりは低めだが、就業中の託児費用は一切かからない。

「上の子が幼稚園で、下の子も保育園に入れないから仕事は無理、と諦めていました。でもここなら、子どもを見てもらえて、短時間だけ働けるのがありがたい」(海老澤さん)

ママスクエアの藤代聡社長によれば、「働きたいのに働けていない子育て中の主婦」は全国に150万人以上。そのため「家のそばで、子どもを預けながら柔軟な働き方ができる職場」としてママスクエアを作った。求人を出すと、応募が殺到。

次ページこれから求められる子育て支援
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT