『細胞から若返る生き方』を書いた新谷弘実氏に聞く

『細胞から若返る生き方』を書いた新谷弘実氏に聞く

4年前に200万部を超える超ミリオンセラーで話題をさらった著者が、「自然免疫力」を高める生活術の新作を刊行。その核心を聞いた。

--牛乳の功罪について、さらに踏み込んでいますね。

私がアメリカに行った45年前に現地ですでに日常茶飯事のように、「飲まないほうがいい派」と「飲んだほうがいい派」との論争があった。私自身、なぜこんなに骨粗鬆症や関節炎患者が多いのか、疑問に思って牛乳と関連付けて理解した。骨が強くなると、牛乳はもてはやされていたのだが。

--何がいけないのですか。

6000種類ぐらいの哺乳類の中で、成長して自分で食べられるようになってからも、ほかの動物の乳を飲むのは人間だけだ。ほかの動物の乳を盗んで飲んだりしたら、なんらかの障害が出て、その子孫は絶えるのが自然の摂理といえる。

もともと妊娠させないと乳牛は乳が出ない。市場に牛乳をコンスタントに出すために、たいてい3カ月ごとに人工受精させる。乳を与えているときは子どもを妊娠しないのが普通だが、8割程度の受精率がある。その乳に、新たに受精していない牛の乳を混ぜると8割近くは、通常のなんと7万倍ぐらいの女性ホルモンを含むといわれている。それを人間男子が小さいときから飲んでいたら、たとえば睾丸の機能に疑問符が付く。女性ホルモンの過剰で精子の数に問題が出てしまう。

--以前、「環境ホルモン」で同じような指摘がありました。

日本の社会の大問題に少子化がある。いま10組が結婚すると3組から3・5組は子どもが生まれない。これは、おカネがないからとか、セックスレスだからという理由ではない。不妊症に近い問題だ。

少子化を云々するなら、学校給食から牛乳を取り去ることを考えないといけない。骨粗鬆症とか白血病とかのリスクを考えれば当然だ。ただし、睾丸も25歳ぐらいで完成する。その年齢以降ではミルクが好きなら飲むのは自由だ。チーズ、ヨーグルトも自由に食べていい。チーズやヨーグルトにも女性ホルモンは入ってくる。原乳と同じことだからだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT