松下幸之助は、部下を感動させながら育てた

感動なくして部下は育たない

部下を感動させるということは、部下を育てることにつながる。逆にいえば、感動させることができない上司には、部下を育てていくことはできない。私は体験的にそう断言できる。

松下と話をした人の全部とは言わないが、かなり多くの人が感動し感激する。何か特別の話があったわけでもないのに、あるいは厳しいことを言われたにもかかわらず、それでも感激する人が多かった。

好き嫌いで人を判断しなかった

それはやはり、松下の「人間観」によるものだと思われる。松下は、人間はすばらしい価値を持っていると考えていた。「人間には宇宙の動きに順応しつつ、万物を支配する力が本質的に与えられている」という人間観を持っていた。だから、好き嫌いとか、感じがいい悪いということで人間を肯定したり否定したりしてしまうことは、決して許されることではない、という振る舞いをしていた。

好き嫌いや、自分の言うことを聞く聞かないで人と接していたのでは、人間の本質というものと本当につき合っていくことはできない。第一、好き嫌いは個人によって全然違ってくる。ある人のひとつの点を嫌いな人もいれば、そこがいいと言う人もいる。すなわち、好き嫌いは極めて表面的なことにすぎない。人間の本質とどうつき合っていくかということこそが大事なのである。

松下は、昨日入ってきた新入社員にも、お茶を運んできた女性社員にも、電気製品の点検に来た男性社員にも、誰に対してもまず、この人は人間としての無限の可能性を持っている、無限の価値を持っている、という考え方で接していた。だから話をしても叱っていても、おのずと本質のところで相手を高く評価しているという印象を与える。松下の口からいかなる言葉が出てこようが、相手は「自分の人間性を評価されている」という確かな手応えを感じる。

次ページ流暢でも雄弁ではなかった
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT