【海運大手3社の今期業績】宴の後の大苦悶、23年ぶりの歴史的不振

中国の資源爆食に乗り、2008年9月中間期まで最高益更新を繰り返していた海運大手3社が“宴の後の苦悶”を味わっている。

日本郵船、商船三井、川崎汽船の3社が2009年4~6月期業績を発表とともに、今2010年3月期の通期見通しを3社とも下方修正した。日本郵船が1986年度以来23年ぶりに通期最終赤字に転落、川崎汽船も23年ぶりの営業赤字に転落する(川崎汽船は最終利益段階では92年度以来17年ぶりの最終赤字転落。いずれも連結ベース)。商船三井は通期最終黒字確保を断念していないが、4~9月期(以下、上期)は50億円の営業赤字に転落(期初計画は240億円の営業黒字。もし商船三井が通期赤字に陥れば、営業赤字は87年度以来22年ぶり、最終赤字は94年度以来15年ぶりになる)。

通期最終利益の修正幅で最大なのは川崎汽船の375億円、最小は商船三井の100億円。日本郵船は経常利益段階までは黒字見通しだが、赤字続きの航空貨物子会社・日本貨物航空(NCA)を前期に減損処理した結果、今期赤字分の税効果が取れず、税調整が大きいために最終赤字に転落する。

通期最終利益    日本郵船   商船三井   川崎汽船
 86年度     ▲35億円  ▲68億円  ▲65億円
 87年度       8億円  ▲99億円  ▲80億円
 88年度      29億円   56億円   ▲1億円
 89年度     105億円  137億円   26億円
 90年度      62億円   52億円  ▲30億円
 91年度      65億円   23億円   43億円
 92年度      74億円   70億円  ▲27億円
 93年度      60億円  ▲59億円   27億円
 94年度      31億円  ▲44億円   37億円
 95年度      33億円   46億円   28億円
 96年度     135億円   60億円   63億円
 97年度      71億円   84億円   16億円
 98年度     124億円   70億円   15億円
 99年度     157億円   83億円   68億円
 00年度     355億円  109億円   19億円
01年度     175億円  105億円   47億円
 02年度     142億円  147億円  103億円
 03年度     348億円  553億円  331億円
 04年度     713億円  982億円  598億円
 05年度     920億円 1137億円  624億円
 06年度     650億円 1209億円  515億円
 07年度    1141億円 1903億円  830億円
 08年度     561億円 1269億円  324億円
2010年3月期
 09年度(期初) 180億円  400億円   65億円
    同(修正) ▲50億円  300億円 ▲310億円

  【修正幅】▲230億円 ▲100億円 ▲375億円

人気記事
トピックボードAD
  • 北朝鮮ニュース
  • ビジネスパーソンのためのポケモンGO攻略法
  • 若手社員のための「社会人入門」
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
転機のLCC ピーチが仕掛けるアジア大競争

日本初のLCC(格安航空会社)、ピーチ。国際線は台湾・韓国への短距離路線が中心だったが、中距離路線に参戦。東南アジア全域を狙う。拠点・関空は台風で混乱。新戦国時代に突入。