【海運大手3社の今期業績】宴の後の大苦悶、23年ぶりの歴史的不振


 ここで、日本郵船が最終赤字に陥った86年度当時と今期を較べてみよう。

最終利益       日本郵船   商船三井   川崎汽船
 1986年度     ▲35億円  ▲68億円  ▲65億円
 2009年度(予)  ▲50億円  300億円 ▲310億円

86年度当時の四季報をひもとくと、「3部門同時不況」「北米コンテナ赤字」という言葉が目立つ。3部門とはバラ積み船、タンカー、コンテナ船のことだ。バラ積み船は当時よりマシだが、コンテナ船は当時よりも深刻。特に北米のコンテナ部門の落ち込みが激しい点でも86年度に似ている。

なお、86年度の連結営業利益予想の動きを追うと以下のようになる。日本郵船のみ期初計画を上回った。商船三井と川崎汽船は、期初は黒字見通しだったが、2度の減額を経て、結果的には営業赤字となっている。(当時は単独中心で連結決算の実績は現在のような3集(夏号)ではなく4集(秋号)に掲載されていた。)

営業利益予想 86年4集 87年1集 87年2集 87年3集 87年4集
 日本郵船   120億円→150億円→120億円→120億円→172億円
 商船三井    90億円→  0億円→  0億円→▲50億円→▲64億円
 川崎汽船   110億円→ 20億円→ 20億円→  0億円→▲22億円

今回は川崎汽船が営業赤字見通しとなったが、日本郵船と商船三井は営業黒字予想のままと86年度当時とは違う動きとなっている。船隊規模や経営戦略、為替など外部環境が異なることから、23年前からの単純な類推は難しいが、今後、大手3社の09年度業績見通しには再減額される懸念がくすぶる。

(山田 雄一郎=東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。