住友金属鉱山、銅で巨額の減損と投資のナゾ

銅と金の絶妙なバランス

モレンシーの追加投資と同時に発表した「2015中期経営計画」では、「売り上げ1兆円、純益1000億円」という長期ビジョンの数字を変えなかった。住友金属鉱山の自信の表明である。

では、ここから先、資源メジャーが切り出す銅山の権益をさらに買い募るのだろうか。よほどの"お宝"なら話は別だが、新しい中計で住友金属鉱山が注力する分野は金(ゴールド)と新材料だ。

バランスこそ要諦

同社がドメインとする資源は銅、ニッケル、金の3つ。銅、ニッケルについては長期ビジョンの各30万㌧、15万㌧の権益確保にメドがついたが、金は目標30㌧に対して現在まだ16㌧。「従来、金は新山の探鉱で、と言ってきたが、(既存金山の)権益取得を含め、積極化する」(中里社長)。

30年前、住友金属鉱山が初めてモレンシーに出資したとき、銅市況は1400ドルを切っていた。米国経済誌が「鉱山の死」と書き立て、当時の所有者、フェルプス・ドッジはニューヨーク5番街からアリゾナ州フェニックスに都落ちするまで窮迫していた。

そのとき、住友金属鉱山が買った持ち分12%の値段は7500万ドル(!)。が、いかに割安でも、1400ドルの市況なら、買った瞬間に赤字になる。それでも決断できたのは、その前年に世界屈指の金山、菱刈鉱山が開山していたからだ。

金の利益を銅に変え、今度は銅から金へ。市況激動が宿命なら、財務も資産構成も、バランスこそが生き抜く要諦であること。その一事を住友金属鉱山は骨身に叩き込んでいるのである。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。