東京医科大で露見した不正受給の全内幕、でたらめな算定、トップ主導の証拠…


ずさんな管理実態 不正認識後も算定継続

今回の不正受給は本誌の取材で明るみに出た。内部関係者から情報を入手し、1カ月以上前から取材を進めたうえで、7月18日、松岡センター長に個別取材を行った。

この際、松岡氏は「診療報酬を不適切な形で算定していたことは確かだが、故意はなかった」と繰り返し釈明。そのうえで「内部管理体制の不備が原因であり、不適切ではあったが、不正受給であるとの認識は持っていない」との説明に終始した。

一方、返還する診療報酬額については取材の中で二転三転。たとえば、医療事務作業補助体制加算を「返還の意向」としながら、「基本的には半年分(算定期間は14カ月)返す」とも言及。「最初から基準違反である以上、全算定期間で返還すべきではないか」とただしたところ、全額返還する考えに転じた。

結局、茨城医療センターは21日のプレスリリースで診療報酬を全額返還する方針を公表した。しかし、本誌の取材からは故意に不正を働いた疑いも浮上しており、単におカネを返しただけで、“無罪放免”となるわけではない。

問題となった三つの診療報酬のうち、医師事務作業補助体制加算と入院時医学管理加算は、ともに病院勤務医の業務軽減を目的として、政策的見地から設けられたものだ。そのため、前者の医師事務作業補助体制加算を算定する場合、(1)医師事務作業補助者として専従職員を配置する、(2)専従者に6カ月以上の研修期間を設ける、などといった加算の要件を満たす必要がある。

ところが同医療センターでは、病歴室や卒後臨床研修センター、医局秘書など、ほかの部署に所属する7名の職員が医師事務作業補助業務の専従者であると書類に記載。実際には専従者要件を満たしていなかったうえに7名に対して辞令を交付せず、本人に異動の通知すら出していなかった。医師事務作業補助者の名簿に登載されていた人物は、「(医師事務作業補助の)業務には携わっていなかった。名前を勝手に使われたことを知り、驚いた」と本誌に語っている。加算の要件となる研修もまったく行われていなかった。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT