東京医科大で露見した不正受給の全内幕、でたらめな算定、トップ主導の証拠…

東京医科大で露見した不正受給の全内幕、でたらめな算定、トップ主導の証拠…

東京医科大学茨城医療センター(松岡健センター長、総病床数548床、茨城・阿見町)が1億円を上回る診療報酬を不正に受給していた事実が発覚。医療界を揺るがす大問題に発展しそうな雲行きだ。

茨城医療センターは7月21日、診療報酬の算定が不適切だったと発表した。その対象は(1)入院時医学管理加算、(2)医師事務作業補助体制加算、(3)画像診断管理加算2、という三つの診療報酬加算項目で、過去の受給総額が1億1870万円。患者の一部負担金を含むこの全額を返還する考えを表明した(加算の内容と不正受給の詳細は下表参照)。

今後、診療報酬の返還に際しては、一部負担金として、患者から「取りすぎていた」部分も返還するが、その対象数は膨大だ。

前出の(1)、(2)、(3)の各診療報酬で、それぞれ約9700人、約8900人、約1万0100人に上る。一つの病院で延べ3万人近い患者を巻き込む不正受給は異例であり、故意や重大な不正があったと認められた場合、新たな診療報酬届け出の禁止、最悪の場合には保険医療機関の指定取り消し処分の可能性もある。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。