クロスカンパニー、一部上場前に大胆な決断

「アースミュージック」成功の次に何を狙う

サステイナブルな企業にするため、石川社長の最大の仕事は、次のCEOを決めること

――ほかにも小売り以外の周辺事業を強化しています。

川下を伸ばそうという戦略も打っている。本来、アパレルは売ったら終わりだが、われわれが目指しているのは、売った後のケアまでしようというもの。それがクリーニング宅配の会社だ。当社で買った顧客にクリーニングサービスも提供していく。

ビジネスモデルとして参考にしているのは自動車業界。車を売った後に車検や部品の取り替えをしていくのと同じ概念だ。自動車業界に新車ディーラーや中古車ディーラー、レンタル、リースがあるように、われわれも顧客ニーズをさまざまにとらえている。中古車しか買えない所得の人や、レジャーでレンタルを利用する人などにもアプローチする。そのためにもテクノロジーに積極的な投資をしているのが当社の特徴だ。近年ここまで小売り、アパレルで、テクノロジーに投資している会社はないと思う

――全員正社員制度を廃止しました。

2014年までの充足率は85%しかなかった。要因は、全員正社員制度だったので、入りたいパート・アルバイトをシャットアウトしていたからだ。ただ、2015年に全員正社員制度を廃止し、2割のパート枠を設けたところ、多くの方に来てもらった。直近で充足率は95%と高いが、4月に新入社員が入れば、さらに104%まで上がっていく。

ブラック批判に対しては改善した

――ブラック企業という批判も過去には受けましたが。

2013年はあまりに急成長していたため、エリアマネジャーが機能せず、店長にプレッシャーがあった。一部店舗では80時間から100時間の残業があったのは確かだ。ただ、今は改善しており、1カ月の残業時間を8時間以内にしている。さらに産業医やメンタル関連の部署も設置している。

――45歳となりましたが、今後の後継者はどう考えていますか。

23歳で創業して、今まできた。僕が次にやらないといけないことは、事業のサステイナブル(持続的)な構造と、次のCEOを考えることだ。会社が持続するのに最も重要なことは、何度も言うが、R&D。3割をR&Dに充てるというルールは、保守的なCEOが来ても変わらない。僕は国際戦略とテクノロジーに投資を配分しているが、違うCEOがくると、ほとんどM&Aに充てる人も出てくるだろう。ただし、3割を次の成長事業に向けるということは変わらない。これがサステイナブルにつながる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT