子育ての悩みには「トヨタ流カイゼン」が効く

こうすれば子どもが自発的に動く!

Step③ 親が子をフォローする:「しくみ化」する

ここまでやれば、親子ともに一定の効果が実感できてくるでしょう。ただ、そのしくみが定着しなければあっという間に元の状態に戻ってしまいます。カイゼンはそのときやって終わりではなく、それが風化しないように「しくみ」にすることが重要です。日々実践するのは子どもですが、それが確実になされるようにフォローするのは親の役目です。

常に子ども自身が確認できる形で明示しておく

画像を拡大
朝の用事は黄色、夕方の用事は青のマグネットに。イラストを添えるとわかりやすい

失敗例としてよくあるのは、子どもがやるべきことを「忘れてしまう」「わからなくなる」ケース。口頭で親が同じことを何度も言うだけでは、その場しのぎにしかなりません。たとえばこちらのように、やることをマグネットに書いておき、終わった順に上のスペースに移すというのもひとつの手です。常に子ども自身が確認できる形で明示しておきましょう。

また、「やる気がだんだんダウンしてしまう」ような場合には、チェックリストを使うのがおすすめです。毎日の準備やごはんを食べる時間など、何をどの程度の時間でやるのか、子どもと一緒に話し合って決めて親がチェックリストに落とし込みます。そして、毎日の生活の中で必ずそのチェックリストを使うのです。

できなかった場合はチェックをしないという減点法に加えて、予定の半分の時間でできれば2つチェックをつけるというような加点法も併用すると、子どものやる気もアップします。毎日のチェックの数を合計して頑張りを「視える化」することに加えて、毎日親自身がコメントしてあげることも効果的です。

画像を拡大
子どもは親のコメントをとても楽しみにしている。練習系のことは、やった時間を累計した形にしておくと、子どもの達成感もひとしお

トヨタの現場でも毎日の生産状況などを記録するボードがありますが、上司からのコメントやサインは部下の安心感や緊張感に影響します。同様に、子どもの頑張りを親としてサポートすることは、子どもの改善を定着させるのに大きな後押しになります。

トヨタと子育て。縁遠いイメージをお持ちだった方が大半かと思いますが、今回紹介したように活用できるポイントはたくさんあります。今回の内容を参考に、皆さんのご家庭なりのやり方で、お子さんと一緒に毎日の生活を見つめ直してみてください。「仕方がない」と諦めていたことに解決策が見つかり、毎日の楽しさが“ちょっとだけ”増えるかもしれません。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。