三菱自動車が電気自動車一番乗り、普及の道筋は霧の中

ジレンマから抜け出す方策の一つは、EVのバラエティ化を図ること。商用車のEV化を検討する一方、「(10年以降に投入するコンパクトカー)『グローバル・スモール』はガソリン車で出すが、間を置かずに、EVバージョンも出したい」(益子社長)。

が、同時多発の開発遂行にはカネがかさむ。自動車大不況の中、三菱自動車は同業他社に比べても在庫調整が遅れ、09年度上期は400億円の経常赤字となる。3月末の手持ち現預金は1年前から1900億円も減少した。そもそも、三菱自動車がハイブリッドを“捨て”、EVに的を絞ったのは、リソースの乏しさを自覚したゆえだった。

益子社長は「今後、いろんなパートナーとも話し合いをすることになろう」と言う。EVは自動車再編の引き金にもなりそうな気配である。

■業績・事業概要など企業データの詳細はこちら

 

(撮影:吉野純治)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「若き老害」常見陽平が行く サラリーマン今さら解体新書
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地盤沈下に抗う<br>国際金融都市・ロンドンの秘策

強気の姿勢を押し出すジョンソン氏が首相に就任し、「合意なきEU離脱」が現実に迫る金融街シティー。逆境下で推進するフィンテック、グリーンファイナンス、人民元ビジネスの戦略を現地ルポ。イングランド銀行副総裁のインタビューも。

  • 新刊
  • ランキング