三菱自動車が電気自動車一番乗り、普及の道筋は霧の中

ジレンマから抜け出す方策の一つは、EVのバラエティ化を図ること。商用車のEV化を検討する一方、「(10年以降に投入するコンパクトカー)『グローバル・スモール』はガソリン車で出すが、間を置かずに、EVバージョンも出したい」(益子社長)。

が、同時多発の開発遂行にはカネがかさむ。自動車大不況の中、三菱自動車は同業他社に比べても在庫調整が遅れ、09年度上期は400億円の経常赤字となる。3月末の手持ち現預金は1年前から1900億円も減少した。そもそも、三菱自動車がハイブリッドを“捨て”、EVに的を絞ったのは、リソースの乏しさを自覚したゆえだった。

益子社長は「今後、いろんなパートナーとも話し合いをすることになろう」と言う。EVは自動車再編の引き金にもなりそうな気配である。

■業績・事業概要など企業データの詳細はこちら

 

(撮影:吉野純治)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT