創造力は「知識量」から生まれるものではない

ジョブズは少ない知識を最大限に使った

大学時代のジョブズは、自分が興味を持った授業以外は受けなかった。ある日、カリグラフィーの授業を告知するために作られた美しいポスターに出会ったジョブズは、一目惚れで授業を受けた。

そこで彼は、活字の書体には一字一字個性があるということを教わった。言葉を形成する以前に、文字そのものに意味がこめられているということを知った。活字の配列というものは、機能的であると共に魅惑的だった。それは、科学的には捉え得ない微妙な芸術性であり、ジョブズはそのこと
に気づいたのだった。

ジョブズは、アップルコンピュータという会社を芸術と高速演算の交差点として捉えた。技術とデザインを分けて扱うことをやめ、一部マニア向けの不恰好なものだったコンピュータに、華麗なスタイルを与えた。マッキントッシュのコンピュータに多くの字体が実装されているのも、例のカ
リグラフィーの授業のお陰だ。フォントは見た目も美しく配列され、スタイル重視は一目瞭然だ。

すべてのパーソナルコンピュータにジョブズの影響

行き詰まったときに効く86のアイデアが紹介されている(上の書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

そして、それがアップルを競争相手から引き離す要素でもある。ウィンドウズもジョブズの思考を模倣した。その意味では、すべてのパーソナルコンピュータはジョブズの影響を受けていると言える。

アップルは技術革新の先頭を行く会社というわけではないが、他社のアイデアを作り変えた。パソコンを市場に導入したのはIBMだったし、スマートフォンを最初に作ったのはノキアだった。

アップルが最初に作ったイノベーションと言えば酷いものばかりだ。アップル・ニュートンやG4キューブを覚えている人がいるだろうか。覚えるにも値しない。ビル・ゲイツは、こう言っている。「僕たちもタブレットは作ったさ。アップルが手を出すずっと前に、何種類も作った。でも、いろいろな機能を一番うまくまとめたのはアップルだったということだね」。ジョブズは当時を振り返って言った。「見た目の美しさと品質が徹頭徹尾管理されなければ、私は落ち着いて安眠できない」。

起業家やクリエイティブな思考の持ち主は、たとえそれがどんなに小さくても、持っている情報を最大限活用できる人たちなのだ。持っている知識は常にふるいにかけられ、一見些末なものでも使い倒す。膨大とはいえない知識を武器に、ジョブズはコンピュータ産業の因習に挑んで勝った。

過剰でないことによって優れたデザインになるということを、ジョブズは世に問うたのだ。自分でも気づかないような何かが、閉じられていた扉を開いてくれる鍵なのかもしれないのである。

「デザイナーが自分のデザインが完成したことを知るのは、もう足すものがないからではなく、もう引くものがなくなったときなのだ」
アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ[作家・飛行士]

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 見過ごされる若者の貧困
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • iPhoneの裏技
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT