日本経済の勝ち方 太陽エネルギー革命 村沢義久著

日本経済の勝ち方 太陽エネルギー革命 村沢義久著

電気自動車を中心とした「産業の電化」と、その供給源としての太陽光発電の組み合わせこそが、地球環境問題を解決し、目の前の経済危機脱出の特効薬となり、長期的な経済成長の原動力ともなりうる。このエネルギー体系はCO2をはじめ懸念物質の排出が少なく、また再生可能であり枯渇しない特長を持つ。となると、産業構造も激変し、自動車はビッグ3からスモール100社へ、電力は集中発電から分散発電へと、歴史的なシフトが促される。いわば「太陽エネルギー革命」ともいえ、「燃やさない文明」への幕開けを告げるものになる。

人類はいま「21世紀の産業革命」を必要とし、その鍵が電気と太陽にあると、サステイナビリティ研究者が説く。

文春新書 840円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
トピックボードAD
  • 会社を変える人材開発の極意
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
シャープ製パネルで相次ぐ<br>火災事故の深層

19件中10件がシャープ製。消費者庁のデータに登録されている、太陽電池パネルに関連した火災事故の数だ。「原因が特定できない」とし、製品リコールに否定的なシャープ。対策が急務。