「負けない経営者」が持つ、たった1つの共通点

米国のプロ経営者が明かす危機克服の秘訣

――2001年にラウドクラウドは上場しますが、すでにその時点で破産寸前でした。ほかに資金調達手段がなかったにせよ、上場のリスクも大きかったはず。どのようにして上場の決断に至ったのですか。

ベン・ホロウィッツ(Ben Horowitz)/シリコンバレーのベンチャーキャピタル、アンドリーセン・ホロウィッツの共同創業者兼ゼネラル・パートナー。カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校でコンピューサー・サイエンスの修士号を取得。ネットスケープなどを経て、オプスウェアの共同創業者兼CEOに。2007年に同社を16億ドル超でヒューレット・パッカードに売却。元経営者や投資家などの視点で書かれた同氏の「ベンズ・ブログ」は1000万人近くに読まれている。

あるフットボール選手がかつて「同じことを続けて一貫性を保つよりも、正しくありたい(I’d rather be right than consistent)」(もとはウィンストン・チャーチル元英首相の言葉)と話していたことがあって、その言葉をずっと胸にとめてきた。過去にIPOを経験したこともあるが、(ラウドクラウドの)上場はとても厳しいものになるとわかっていた。創業たった18カ月の赤字会社を上場させれば、世間からものすごい批判を受けるだろうと。

実際、マスコミにはめちゃくちゃにたたかれたし、訴えられたし、本当にヒドイことがたくさん起こった。それでも上場したのは、それが一番マシな選択肢だったし、振り返ってみればやはりマシな選択だった。目の前に「悪い」ことと、「それより悪い」ことという選択肢があった場合、「悪い」ほうを選んで前に進むしかない。

失敗しても自信を持てる人がCEO向き

――ご自身の経験を踏まえて、CEOに向いているタイプはどういう人だと思いますか。

数多く失敗することになるので、とにかく自分に自信がある人がいい。失敗によって自信を失うような人は経営者には向いていない。これが一番難しいことだが、つねに自分の精神状態をコントロールせねばならない。

CEOの仕事では、知的なチャレンジよりも精神的なチャレンジのほうがずっと多い。自分が引き起こした失敗が従業員や顧客、株主と多くの人々に影響を及ぼしてしまうからだ。自分が失敗するたびに多くの人が痛手を被ると知りながらも、それでも自分がこの仕事に一番向いていると自信を持ち続けなければならない。自分がやっている仕事が実は、誰でもできるような、たいしたものでなくても、堂々としていないといけない。

次ページこの世に「生まれながらの経営者」はいるのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT