「負けない経営者」が持つ、たった1つの共通点

米国のプロ経営者が明かす危機克服の秘訣

ツイッターやスナップチャットを見ていると、確かに昔は会社を経営するのに今よりも色々なスキルが必要だったとも思う。今はエンジニアさえいれば、あっという間に成長してとんでもない高い評価を受けることができる。一度に(経営に必要な)すべてのスキルを取得するのは難しいので、ずいぶん変わったもんだとは思う。

しかし、本質的にはほとんど変わっていない。本では1995年か1996年に書いた製品管理に関する文書を「こういったものの作成に時間をかける必要はない」という意味で掲載している。かなり時代遅れの文書だと思ったが、多くの製品管理担当者があの文章は参考になったと言ってくれた。あの文書がいまだに通用するとは驚きだが、CEOに求められているものも普遍的なものが多いのではないか。

ソニーには「戦時のCEO」が必要

――ソニーやシャープなど日本のIT企業は長らく低迷しています。復活にはどういう経営者が必要でしょうか。

ソニーやシャープの問題は、アナログ製品から家電、デジタル家電への動きにうまく乗れなかったことだ。ソフトウエアで知財をおさえることが重要になる中で、ソニーはハードウエア企業からの脱皮が図れなかった。

こうした状況を変えるには、イノベーションを促進する文化を形成する必要がある。本にも「平時のCEOと戦時のCEO」について書いたが、ソニーは長らく「平時のCEO」が経営トップに就いている。今の彼らに必要なのは社内のコンセンサスを得られる人物ではなく、もっと鋭くて素早く決断ができるタイプの人物だ。もちろん、ハイテクのバックグラウンドを持つ、イノベーターでなければいけない。

今必要なのは、凄まじく製品に精通していて、決断やリスク負担をいとわない人物だ。ソニーは1997年当時のアップルに比べればずっとましな状況にある。しかし違うのは、アップルはその時点で会社にまさに必要だった人物、スティーブ・ジョブズをトップに就けたことだろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT