「負けない経営者」が持つ、たった1つの共通点

米国のプロ経営者が明かす危機克服の秘訣

ツイッターやスナップチャットを見ていると、確かに昔は会社を経営するのに今よりも色々なスキルが必要だったとも思う。今はエンジニアさえいれば、あっという間に成長してとんでもない高い評価を受けることができる。一度に(経営に必要な)すべてのスキルを取得するのは難しいので、ずいぶん変わったもんだとは思う。

しかし、本質的にはほとんど変わっていない。本では1995年か1996年に書いた製品管理に関する文書を「こういったものの作成に時間をかける必要はない」という意味で掲載している。かなり時代遅れの文書だと思ったが、多くの製品管理担当者があの文章は参考になったと言ってくれた。あの文書がいまだに通用するとは驚きだが、CEOに求められているものも普遍的なものが多いのではないか。

ソニーには「戦時のCEO」が必要

――ソニーやシャープなど日本のIT企業は長らく低迷しています。復活にはどういう経営者が必要でしょうか。

ソニーやシャープの問題は、アナログ製品から家電、デジタル家電への動きにうまく乗れなかったことだ。ソフトウエアで知財をおさえることが重要になる中で、ソニーはハードウエア企業からの脱皮が図れなかった。

こうした状況を変えるには、イノベーションを促進する文化を形成する必要がある。本にも「平時のCEOと戦時のCEO」について書いたが、ソニーは長らく「平時のCEO」が経営トップに就いている。今の彼らに必要なのは社内のコンセンサスを得られる人物ではなく、もっと鋭くて素早く決断ができるタイプの人物だ。もちろん、ハイテクのバックグラウンドを持つ、イノベーターでなければいけない。

今必要なのは、凄まじく製品に精通していて、決断やリスク負担をいとわない人物だ。ソニーは1997年当時のアップルに比べればずっとましな状況にある。しかし違うのは、アップルはその時点で会社にまさに必要だった人物、スティーブ・ジョブズをトップに就けたことだろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT