ベストセラー生む名文家たちの「書く技術」

「嫌われる勇気」からジブリまで

小さな子どもがどうやっても脱げない服に悶絶(もんぜつ)する様を描いて話題の、ヨシタケシンスケ氏の絵本『もうぬげない』。この本のPOP(ポップ)に彼女が書いたのは、「ぬげないよ~」。

伝説の「神の手」系POP書き手

書店員 河又美予さん(42) 1973年生まれ。「難解な専門書から赤ちゃん向けの絵本まで、たくさんの世界がある」ことに魅力を感じ、アルバイトを経てリブロに入社 (1)短文を心がける 行き交う人を一瞬で引きつけるためには、短文が鉄則 (2) 説明より感情 長々と説明すると、人は飽きてしまう (3)キャッチーな一言 自分が初めてその本に触れたときの引っかかりを大切にする(撮影/高井正彦)

河又さんは、自作のPOPを出した途端にその本の周りに人が集まるという伝説があるほど、「神の手」系のPOP書きとして知られる。全国のリブロ店員が応募する社内POPコンテストで入賞したこともあるという。

文章を書くのも、絵を描くのも大好き。学生時代は手紙を書くのが趣味で、友達に何十枚もの手紙を書いては送っていた。

「でも、ここで書くPOPはそれとは別のもの。本ってどれもプロのデザイナーが装丁しているのに、ただ置いてあるだけでは埋もれてしまうことも少なくない。だからお客さまにその存在に気づいてもらうためにPOPを作る。書くコピーは、一瞬で目に入る短文に限られます」

コツは、決して説明しないこと。「人の温かさがしみじみ伝わるすばらしい本です」と書くより、「すごい!」の一言のほうが効果がある。

また、感情だけで物を言ってもいいのがPOPの世界。

下書きせずにいきなり書く。数分でウルトラ目立つPOP完成(撮影/高井正彦)

「かわいい!とか、なんだこれ?とか、自分がその本に最初に触れたときの引っかかりを、そのままコピーにすることが多いですね。アルバイトの『専門書なのに読みやすい』という独り言を使わせてもらったこともあるんですよ」

文字の書き方にもPOPならではのコツがある。キレイに印刷された帯と共に置かれるので、わざと崩したり斜めにしたり。いわゆる「抜け感」を大事にしているという。

河又さんのPOPが瞬発力で人々の心を動かすとしたら、配慮の行き届いた、じわりと心に響く文章を紡ぎだすのが4人目の先生、「プロの代筆屋」中島泰成さん(36)だ。

次ページ小説に触発され、代筆屋になることを決意
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。