アマゾン「ビジネス・経済書」200冊ランキング

「熱狂宣言」が急伸!

1月10~16日にアマゾンでもっとも売れたのは?(写真: Taka / PIXTA)
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

1月10~16日にアマゾン「ビジネス・経済」ジャンルでもっとも売れたのは、昨年5月発売のロングセラー、『超一流の雑談力』(著者インタビューはこちら)。「意味のある雑談をすれば、仕事や人間関係が変わる」とのメッセージが多くの読者に響いているようだ。

2位の『熱狂宣言』は若年性パーキンソン病と戦うダイヤモンドダイニング松村厚久社長の評伝。苛烈な人生を、全身全霊で生きる男を描く、渾身のノンフィクションだ。1月10日夜、フジテレビ系の「Mr.サンデー」で松村社長への密着取材が放映されたことから、一気に順位を伸ばした。ちなみに、同日夜から翌日朝に掛けて東洋経済オンラインの関連記事『僕は絶対に「パーキンソン病」に負けません』へのアクセスも集中した。

次ページ1~50位は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
楽天の通信事業<br>狙いと勝算をすべて話そう

2019年10月、第4の通信会社として自前回線でのサービスを開始する楽天。今回の通信参入プロジェクトを「神がかりのショット」続きだったと話す三木谷浩史会長兼社長。その真意とともに、狙いや勝算、世界を見据えた成長戦略を聞いた。