アマゾン「ビジネス・経済書」200冊ランキング

「熱狂宣言」が急伸!

1月10~16日にアマゾンでもっとも売れたのは?(写真: Taka / PIXTA)
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

1月10~16日にアマゾン「ビジネス・経済」ジャンルでもっとも売れたのは、昨年5月発売のロングセラー、『超一流の雑談力』(著者インタビューはこちら)。「意味のある雑談をすれば、仕事や人間関係が変わる」とのメッセージが多くの読者に響いているようだ。

2位の『熱狂宣言』は若年性パーキンソン病と戦うダイヤモンドダイニング松村厚久社長の評伝。苛烈な人生を、全身全霊で生きる男を描く、渾身のノンフィクションだ。1月10日夜、フジテレビ系の「Mr.サンデー」で松村社長への密着取材が放映されたことから、一気に順位を伸ばした。ちなみに、同日夜から翌日朝に掛けて東洋経済オンラインの関連記事『僕は絶対に「パーキンソン病」に負けません』へのアクセスも集中した。

次ページ1~50位は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。