「ビジネス・経済書」売れ筋200冊ランキング

首位は「新エバンジェリスト養成講座」

新年になって売れたビジネス・経済書は?(写真:マハロ / PIXTA)

トップは『新エバンジェリスト養成講座』

1月3~9日のアマゾン「ビジネス・経済書」売り上げランキングをお届けする。

首位に輝いたのは、マイクロソフトのカリスマエバンジェリスト(伝道師)である西脇資哲氏の『新エバンジェリスト養成講座』。2009年12月にマイクロソフトへ入社しマイクロソフト製品すべてを扱うエバンジェリストとして活躍した西脇氏のプレゼンの極意が学べる。

2位は『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』。口だけでなかなか行動できない人、考えすぎて行動にうつせない人…こんな先延ばしの自分を変えるためのノウハウを紹介した本である。

1位の『新エバンジェリスト養成講座』は昨年10月、2位の『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』は昨年7月、3位の『自分を変える習慣力』は昨年11月の刊行。アマゾンは発売直後の本がハネることが多いだけに、発売から時間が経過した書籍が上位を占めることは珍しいといえるだろう。

次ページ上位51冊は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。