「ビジネス・経済書」売れ筋200冊ランキング 首位は「新エバンジェリスト養成講座」

✎ 1〜 ✎ 47 ✎ 48 ✎ 49 ✎ 最新
拡大
縮小
新年になって売れたビジネス・経済書は?(写真:マハロ / PIXTA)

トップは『新エバンジェリスト養成講座』

1月3~9日のアマゾン「ビジネス・経済書」売り上げランキングをお届けする。

首位に輝いたのは、マイクロソフトのカリスマエバンジェリスト(伝道師)である西脇資哲氏の『新エバンジェリスト養成講座』。2009年12月にマイクロソフトへ入社しマイクロソフト製品すべてを扱うエバンジェリストとして活躍した西脇氏のプレゼンの極意が学べる。

2位は『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』。口だけでなかなか行動できない人、考えすぎて行動にうつせない人…こんな先延ばしの自分を変えるためのノウハウを紹介した本である。

1位の『新エバンジェリスト養成講座』は昨年10月、2位の『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』は昨年7月、3位の『自分を変える習慣力』は昨年11月の刊行。アマゾンは発売直後の本がハネることが多いだけに、発売から時間が経過した書籍が上位を占めることは珍しいといえるだろう。

次ページ上位51冊は?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT