iPad Proを「編集ワーク」で使い倒してみた

書き仕事から映像編集まで、苦手分野は?

当記事は小寺信良&西田宗千佳メールマガジン「金曜ランチビュッフェ」2016年1月15日 Vol.065 <今年のCESは転機だった号>よりお送りします(写真 : AP / アフロ)

CES期間中に、iPad Proを入手した。なんのことはない、年末のメルマガ忘年会に参加した人はご覧になっているはずだが、西田さんが持っていたiPad Proを譲ってもらったのである。

西田さんはその足で、アメリカでセルラー版のiPad Proに買い替え、おっさん2人が同じホテルの一室で同じ形のiPad Proを使うという恐ろしいことが起こっていたのである。

仕事ではどこまで使えるマシン?

当記事はプレタポルテ(運営:夜間飛行)の提供記事です

それまで手持ちのiPadは2で、コネクタの形がもう古いのと、センターボタンがそろそろダメになりつつあり、使用頻度はかなり下がっていた。

使わないのならいらないだろうと言われるかもしれないが、iPadにはいいソフトウェアシンセがたくさんあるので、ちゃんとパワーのあるマシンで使いたかったのである。

ただ楽器としてばかり使ってたら元は取れない。今はモバイル用PCとしてMacBook Airを持ち歩いているが、Proを手に入れたからには、なるべくこっちにやれることを移していきたい。日本に帰ってきてから、今後の仕事にどう使えるか、検討してみた。

次ページまずはモノ書き仕事で検証
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。