iPad Proを「編集ワーク」で使い倒してみた

書き仕事から映像編集まで、苦手分野は?

当記事は小寺信良&西田宗千佳メールマガジン「金曜ランチビュッフェ」2016年1月15日 Vol.065 <今年のCESは転機だった号>よりお送りします(写真 : AP / アフロ)

CES期間中に、iPad Proを入手した。なんのことはない、年末のメルマガ忘年会に参加した人はご覧になっているはずだが、西田さんが持っていたiPad Proを譲ってもらったのである。

西田さんはその足で、アメリカでセルラー版のiPad Proに買い替え、おっさん2人が同じホテルの一室で同じ形のiPad Proを使うという恐ろしいことが起こっていたのである。

仕事ではどこまで使えるマシン?

当記事はプレタポルテ(運営:夜間飛行)の提供記事です

それまで手持ちのiPadは2で、コネクタの形がもう古いのと、センターボタンがそろそろダメになりつつあり、使用頻度はかなり下がっていた。

使わないのならいらないだろうと言われるかもしれないが、iPadにはいいソフトウェアシンセがたくさんあるので、ちゃんとパワーのあるマシンで使いたかったのである。

ただ楽器としてばかり使ってたら元は取れない。今はモバイル用PCとしてMacBook Airを持ち歩いているが、Proを手に入れたからには、なるべくこっちにやれることを移していきたい。日本に帰ってきてから、今後の仕事にどう使えるか、検討してみた。

次ページまずはモノ書き仕事で検証
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT