イスタンブール自爆攻撃、10人死亡

首相は「イスラム国」の犯行を主張

 1月12日、トルコの最大都市イスタンブールの中心部にある観光地区で、大規模な爆発が発生、少なくとも10人が死亡、15人が負傷した。写真は現場で規制線を張る警官。(2016年 ロイター/Osman Orsal)

[イスタンブール 12日 ロイター] - トルコの最大都市、イスタンブールの中心部にある観光地区で12日、自爆攻撃があり、少なくとも10人が死亡した。

現時点で犯行声明は出ていないが、ダウトオール首相は、過激派組織「イスラム国」の犯行と主張した。

クトゥルムシュ副首相は、自爆攻撃を行った者は最近、シリアから入国したとの見方を示した。ただ、要注意人物リストには含まれていなかったという。

首相は、死亡者は全て外国人と説明した。幹部当局者によると、9人がドイツ人。ペルー外務省は、同国人1人も死亡したとしている。

ダウトオール首相は、ドイツのメルケル首相に電話で弔意を伝えたことを明らかにした。その上で、イスラム国との戦いを有志連合と続けるほか、自爆攻撃の関係者を捕らえて処罰すると誓った。

爆発があったのは旧市街のスルタンアフメット広場。現場では救急車が負傷者らを搬送したり、警察が規制線を張る様子が見られた。

現場近くでは1年余り前にも女が自爆攻撃を行い、警察官1人が死亡している。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT