イスタンブール自爆攻撃、10人死亡

首相は「イスラム国」の犯行を主張

 1月12日、トルコの最大都市イスタンブールの中心部にある観光地区で、大規模な爆発が発生、少なくとも10人が死亡、15人が負傷した。写真は現場で規制線を張る警官。(2016年 ロイター/Osman Orsal)

[イスタンブール 12日 ロイター] - トルコの最大都市、イスタンブールの中心部にある観光地区で12日、自爆攻撃があり、少なくとも10人が死亡した。

現時点で犯行声明は出ていないが、ダウトオール首相は、過激派組織「イスラム国」の犯行と主張した。

クトゥルムシュ副首相は、自爆攻撃を行った者は最近、シリアから入国したとの見方を示した。ただ、要注意人物リストには含まれていなかったという。

首相は、死亡者は全て外国人と説明した。幹部当局者によると、9人がドイツ人。ペルー外務省は、同国人1人も死亡したとしている。

ダウトオール首相は、ドイツのメルケル首相に電話で弔意を伝えたことを明らかにした。その上で、イスラム国との戦いを有志連合と続けるほか、自爆攻撃の関係者を捕らえて処罰すると誓った。

爆発があったのは旧市街のスルタンアフメット広場。現場では救急車が負傷者らを搬送したり、警察が規制線を張る様子が見られた。

現場近くでは1年余り前にも女が自爆攻撃を行い、警察官1人が死亡している。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT