今井 むつみ
今井 むつみ(いまい むつみ) Mutsumi Imai
慶應義塾大学環境情報学部教授

慶應義塾大学環境情報学部の今井むつみ研究室は、認知科学、特に言語認知発達、言語心理学、問題解決過程、教育心理学、特に第2言語獲得と学習を専門とする。1989年、慶應義塾大学大学院博士過程単位取得退学。1994年、ノースウェスタン大学心理学部Ph.D取得。専攻は認知科学、言語心理学、発達心理学。国際認知科学会(Cognitive Science Society)のフェローにアジアから初めて選出される。『学びとは何か』『ことばと思考』(岩波新書)、『ことばの発達の謎を解く』(ちくまプリマー新書)など著書多数。俯瞰的かつ批判的な視点で学びと教育を考えるために認知科学、学習科学の知見を社会に伝える活動「ABLE」を定期的に行っている。次回(2018年9月22日)のテーマは「脳科学を教育に活かす」。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT