ガソリン原価の実態、不当廉売容疑で30年ぶりの立ち入り検査


二つ目は分社化。ミタニは過去1~2年で各SSの分社化を進めてきた。「分社化を機にSSの管理部門の人件費を抑えるなどして販管費を圧縮。仕入れ原価を抑える狙いがあったのかもしれない」(中澤氏)。

三谷商事は本誌の取材に対し、「情報がいっさいない」と答えるのみ。公取委は「事件化した以上、個別の質問には答えられない」と話す。

ガソリンの国内需要は長期低迷しており、元売り・精製会社の過剰供給能力が今回の件の根底にはある。これが解決されなければ、過激な価格競争は続き、仕入れ原価は一段と複雑になるかもしれない。

三谷商事の業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]


(山田雄一郎 撮影:吉野純治 =週刊東洋経済2012年5月12日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT