南場氏右腕が見た、DeNA不格好経営の舞台裏

「黒子の流儀」を書いた春田真氏に聞く

球団買収は「別に必然ではなく偶然が重なっただけ」と話す春田氏(撮影:風間仁一郎)
ディー・エヌ・エー(DeNA)創業者の南場智子氏が「二人羽織経営」と語る、もう一人のキーマン。それがDeNA会長の春田真氏だ。会社が成長する過程で起こるさまざまな“事件"、そして自ら主導した球団買収の裏側を著書で語った狙いとは。

──エリート銀行員がネットベンチャーに転職して会長へ上り詰め、横浜DeNAベイスターズのオーナーまで務めた。DeNAで過ごした15年間は波瀾万丈です。

別に僕自身はスペシャルでもないし、球団オーナーになりたかったわけでもない。もっと言うと役員になるつもりもなく、流されるまま。自分のやりたいこともあるけれど、DeNA全体のリソースを考えたとき、僕をどう使うのが会社にとっていいかを客観的に考えてきた。

仕事を咀嚼して自分なりの役割を果たしていくうちに、球団の案件にも出合えた。別に必然ではなく偶然が重なっただけだ。

球団買収で苦労したことは

──2011年の買収後、球団の赤字を大幅に縮小させた。

買収のとき、「3年で黒字、5年で優勝」と言ったにもかかわらずできなかった。途中で放り投げる形になるが、あくまでオーナーはDeNA会長の立場でやっていた。だから退職する時点で球団も辞める形になってしまった。

買収で苦労したのは情報収集。どういう形なら経営がうまくいくのか、過去のやり取りを見ると人間的な感情のもつれなどが見えていた。

ある人に、「球団が球場を持っていないとビジネスとして厳しい」と言われたこともある。確かに球団と球場の収益を足すと十数億円の赤字。だから球場側に「これじゃ経営が成り立たない。一方的に球団側の赤字と言われても困る」と持ちかけると、「僕らも収益を増やしたいが(元親会社の)TBS(ホールディングス)さんがすぐ出ていくとか言うしさ」と返された。だから「僕らは出ていかない。チームを強くするし、動員数を増やすという共通の目標で黒字にしよう」と切り出した。

次ページなぜ今、DeNAをやめるのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。