高年収20社ランキング「2011→2021」激変レース

高給の業界の中でも明暗が分かれる移り変わり

キーエンスは平均年収ランキングの上位に入ったのでしょうか(撮影:尾形文繁)

東洋経済オンラインでは、これまでにさまざまな観点のランキングを配信してきました。ランキング上位は名だたる企業ばかりですが、過去10年、20年とさかのぼると、大きな変動が起きていることがわかります。

本記事に関連したさらに詳しいデータのほか『会社四季報』、企業、役員、大株主、地域、大学、小売店などの各種データを販売する「東洋経済データベースサービス」。各種データのカスタマイズにも対応します

今回は、過去10年の「平均年収ランキング」トップ20位に入る企業の移り変わりを調査。栄枯盛衰を視覚的に見られるアニメーションを用いて、レースを繰り広げているような形でランキングを作成しました。

対象は上場を11年以上続けている会社に限定。データは2010年4月期~2021年3月期の有価証券報告書の単体ベースの開示を利用しています。なお、各年度中に決算期変更がある場合は、その平均値としました。

高給の業界の中でも明暗が分かれる

まず、ランキングトップを見ていきます。平均年収トップは2011年時点ではスクウェア・エニックス・ホールディングス。3年間断トツでトップだった同社に代わり、2014年に首位に立ったのはTBSホールディングスです。

しかしトップだったのはこの1年だけで、2015~2019年にかけてはキーエンスがトップの座につきます。その後、2011年時点の平均年収が764万円だった日本商業開発が、2020年には首位に立つ場面もありました。直近ではキーエンスが1751万円で再びトップに返り咲きました。

この他に大きくジャンプアップした企業として、不動産賃貸業を展開するヒューリックが挙げられます。平均年収を算出する従業員規模に変化はあるものの、2011年は801万円だったのが2021年は1708万円まで増加しています。

このほか、橋梁や道路などの補修を手がけるショーボンドホールディングスや半導体装置メーカーのレーザーテックは業績の堅調さを背景に、直近で年収を増加させていることがわかります。

高給で知られる業界の中でも明暗はあるようです。総合商社の年収水準が伸びている一方で、民放キー局は伸び悩んでいる様子が浮かび上がってきました。

次ページ高年収20社ランキング「2011→2021」激変レースはこちら!
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT