ジョージア「郷土料理」が日本で広がり続けるナゾ

日本人引きつける煮込み「シュクメルリ」の魅力

ジョージアの郷土料理「シュクメルリ」が日本で密かにブームになっている。写真は福岡県の松原食品が作ったシュクメルリのレトルト(撮影:ヒダキトモコ)
この記事の画像を見る(4枚)

ジョージア料理のニンニクを強烈に利かせた鶏のクリームソース煮込み「シュクメルリ」が、日本で静かに広まっている。まず、2020年1月に松屋がシュクメルリ鍋定食を「世界紀行」シリーズ第1弾として全国展開し、その後「第2回松屋復刻メニュー総選挙」で第1位となって、今年1月に復刻。松屋は、日清食品が今年1月に発売したシュクメルリ鍋風ヌードルの監修も行っている。

福岡県の松原食品もレトルト食品にし、ファミリーマートでも、ご飯にかけて食べるパウチ総菜「ごはんにちょいかけ!」シリーズで2020年10月に商品化。永谷園でも「世界のスープ図鑑」シリーズとして、2020年12月から全国で販売。東京・多摩市で小中学校の給食になったほか、自衛隊の食堂でも出されている。

駐日ジョージア大使館のティムラズ・レジャバ臨時代理大使によると、シュクメルリはジョージアで誰もが知っている料理ではあるが、けっして日本におけるすしや天ぷらのようにメジャーな料理ではなく、いわば「お好み焼きのようなもの」。そんな郷土料理がなぜ日本でここまで広がっているのか。

シュクメルリで10万「いいね」

日本でのブレークには、実はレジャバ氏自身も貢献している。松屋でテスト販売した初日のツイッターが話題となった。現在、フォロワーが4万4000人いるレジャバ氏は、その後もシュクメルリ情報をフォローし、松屋のシュクメルリについて発信した別のツイートは、10万以上もの「いいね」を獲得している。

そのレジャバ氏はシュクメルリの魅力についてこう語る。

「シュクメルリは、乳製品・ニンニク・鶏肉の3つがバランスよく、まろやかに混ざり合っているのが特徴です。そのバランスのよさが、汎用性のある料理にしているのではないかと思います。何しろ、日本ではご飯にかける、麺、鍋料理などに展開し、松屋のものには、ジョージアではほとんど使われないサツマイモまで入っている。ジョージアより日本のほうが、この料理のバリエーションがあるほどです」(レジャバ氏)

次ページシュクメルリはどういう場で食べられるのか
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT