冷凍餃子の「手間抜き論争」がバズった理由

「企業と生活者が共に紡ぐ物語」のつくり方

SNSも活用して「手抜きではなく、手間抜き」のナラティブを描いた(画像提供:味の素冷凍食品)
2020年8月、「冷凍餃子」「手間抜き」という話題がツイッターでトレンド入りした。味の素冷凍食品は「冷凍食品を使うことは、手抜きではなく『手間抜き』です」という投稿を公式ツイッターより発信。この投稿には「44万いいね!」がつき、キー局やネットメディアでも報道され、大きな話題となった。
ナラティブカンパニー』を上梓した本田哲也氏が、冷凍食品へのネガティブな「パーセプション」を変え、生活者が同じ物語に参加しているという「共体験」の構造をつくりあげたナラティブの好事例について解説する。

「冷凍食品は手抜き? 手間抜き?」論争

ことの発端は、2020年8月4日にツイッターに投稿されたある女性のつぶやきだった。疲れて帰宅して夕食に冷凍餃子を解凍して出したところ、子どもは喜んだが、夫が「手抜きだよ。これは冷凍食品っていうの」と言った、という内容だ。

『ナラティブ・カンパニー』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

このツイートにはさまざまな同情の声が集まった。味の素冷凍食品株式会社(以下、味の素冷凍食品)の公式ツイッターアカウントもすぐに反応し、次のような投稿をした。「冷凍餃子を使うことは、手抜きではなく、“手間抜き”です」「冷凍食品を使うことで生まれた時間を、子どもに向き合うなど有意義なことに使ってほしい」。

餃子に限らず、日本ではいまだ冷凍食品にネガティブなパーセプション(認識)がある。おいしく食べることができる調理方法の研究が途上だったとき、あるいは、冷凍技術が今のように発達する前は、「冷凍もの」と言えば「手軽だがあまり美味しくない食品」というイメージだった。そしてくだんのツイートを投稿した女性の夫の言う「手抜き」という言葉は、「家庭料理は妻が愛情込めて手作りするべきだ」という「手作り信仰」の延長線上にある。

次ページ「冷凍餃子」がツイッターのトレンドに
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
なぜAmazonの会議ではパワポがNGなのか?
なぜAmazonの会議ではパワポがNGなのか?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT