ジョージア「郷土料理」が日本で広がり続けるナゾ

日本人引きつける煮込み「シュクメルリ」の魅力

インターネット時代ならではのツイッター発信もさることながら、フットワーク軽く自国の文化を売り込んできた成果の1つが、シュクメルリブームだったのだ。

日本では、とくにこの半世紀余り、世界各国の料理が次々と外食で食べられるようになり、家庭料理としてもレシピが紹介されたり、加工食品が発売されるなどして定着してきた。とくにここ数年は、韓国料理のスンドゥブチゲ、タイ料理のガパオなど、新たに定着する家庭料理も多い。

日本人ならではの高度なアレンジ力

日本人好みにするアレンジ力もすごい。カレーはすっかり国民食で、最近は独自に発達したスパイスカレーも人気になっている。中国由来のラーメンも、世界では日本食として人気になっている。だからシュクメルリも、抵抗感なく受け入れられ、鍋にする、ご飯にかける、麺にするなどのアレンジがすぐさま行われているのだろう。どれも日本人が好きな食べ方である。そしてこの料理に使われるホワイトソースは、戦前から人気の洋食由来の味だ。

ニンニクの強烈な味も、近年、強炭酸、麻辣味など、強い味、辛い味の人気が高まっていることから、今とくに喜ばれるものといえるだろう。

今後のジョージア料理の展開に期待を抱くレジャバ氏(撮影:ヒダキトモコ)

ジョージアはここ数年、『世界ふしぎ発見!』など、テレビ番組でもよく紹介されるようになり、次第に認知度が上がっていた。今後、さらにジョージアの食が知られ、人気になる可能性はある。

今はコロナ禍で海外旅行もできなくなっているが、コロナ以前は世界各地との交流が増え、今まであまり知られていなかった国を知りたい、という人々の欲求も高まっていた。未知の国だからこそ知りたい、と飽くなき好奇心がジョージアへも向かっている。

次は、ハルチョーなのか、はたまた別の料理なのか。意外と日本では活用されていないクルミのアレンジ術なのか。しばらくジョージア料理の展開を見守ってみたい。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT