PDCAが「掛け声」だけで終わる根本的理由

マトリクスで、いっきに実行しやすくなる

このような計画を立てていると、いくらPDCAのフレームワークを知っていても、下記のようなことを繰り返すことになります。

PDCAは「マトリクス」でイメージしよう

では、どうすればいいのか? 私は、PDCAを次のような「マトリクス」でイメージしています。

横にPとDを取り、縦にCとAを取ります。このマトリクスの意味することは、Checkは、PlanとDoに対してする、ということ。そして、ActionはそのCheckの結果に対してする、ということです。

さきほどのホチキス留めの仕事をもし私がやるなら、次のように考えます。

私がこのマトリクスを使ういちばんの理由は、「当初の狙い」=Pを明文化できるからです。私もそうですが、日々何気なく仕事をしていると、計画=狙い=Pを忘れてしまいます。だからこそ、つねにそれをマトリクスに書き出しておくことが大切なのです。

次ページプロセスごとに検証したいときはどうする?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
官僚の掟<br>忖度エリートのカネと出世

不人気、不遇、不祥事で没落するエリートたちの悲哀。次々に発覚する官僚たちの過ち。採用応募者は年々減少し、東大生の官僚離れが顕著に。それでも官僚はおいしい仕事なのか?