ヤマハ対JASRAC、著作者はどちら側に立つか

音楽教室から著作権料、他業態はすでに徴収

音楽大学の教授や著名な演奏家の中には、ヤマハ音楽教室出身者も多い(写真:ヤマハ)

2月9日午前、ヤマハ音楽教室を手掛けるヤマハ音楽振興会(ヤマハ)は、JASRAC(日本音楽著作権協会)からある文書を手渡された。

内容は「2018年1月以降、音楽教室から楽曲の著作権使用料を徴収する」というもの。徴収額はレッスン料の2.5%だ。だが同日、本誌の取材に対してヤマハの三木渡常務理事は「受諾するつもりはない」と強調した。

昨年ごろから交渉の姿勢を強めてきたJASRACに対し、音楽教室側は集団で対抗。2017年2月にヤマハ、河合楽器製作所など七つの企業・団体で「音楽教育を守る会」を結成した。

「聞かせることを目的として」が焦点

ただ「守る会」はヤマハがほぼ取り仕切っているといっても過言ではない。代表にはヤマハの三木氏が就任し、事務局もヤマハ内に置かれた。河合は「本件については『守る会』に一任している」と回答。JASRACが個別に交渉した際も、各社は一様に業界のガリバーであるヤマハの意向を気にしていたという。

この件について、両者の最初の交渉は2003年までさかのぼる。きっかけは2000年に著作権法附則14条が廃止されたことだ。

これにより、JASRACはフィットネスクラブやカルチャーセンターなど音楽を利用する業態と交渉を開始し、実際に徴収してきた。一方、現在に至るまで音楽教室とは交渉が続いている。

ヤマハとJASRACの主な争点は、著作権法22条の「聞かせることを目的として」という文言の解釈だ。ヤマハは「音楽教育のために行う演奏は聞かせることが目的ではなく、手本を示すためのもの」と主張。一方のJASRACは「手本だから演奏は自由とは書かれていない」と反論する。

次ページ音楽教室はどうなる?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT