あのGALA湯沢が今になって活況に沸く理由

アクセスの良さだけじゃない集客増の秘密

関東パスのエリアにガーラ湯沢駅を加えるのは、おかしいかもしれない。だが、外国人旅行者はそう思わないようだ。

「ニューヨークにはナイアガラの滝に行く日帰りツアーがある。『せっかくニューヨークに来たのに、なぜナイアガラの滝に行くのか』と現地の人は思うだろうが、旅行者はニューヨークとナイアガラの距離を気にしない。それと同じです」(JR東日本の関係者)

このきっぷの英文サイトを見ると、距離的に遠いことを示す「新潟県」という地名はどこにも書かれていない。むしろ「75分で行ける」という時間的な近さをアピールしている。

だとすれば、GALA湯沢が東京近郊にあると思い込み、3日間のうち1日は足を伸ばそうという外国人がいてもおかしくない。専用きっぷの料金は3日間で1万円なので、東京―ガーラ湯沢間が往復1万3140円かかることを考えれば、料金的にもお得だ。

日本人客とのすみ分けにも成功

さまざまな面で日本人客と外国人客のすみ分けが進んでいる

「早朝からスキーを楽しむ国内のお客様と違い、外国のお客様はホテルでゆっくり朝食を取ってからお越しになるので、スキー場への到着もゆっくりになります」(GALA湯沢)

これが、普段なら空いているはずの昼間の時間帯にスキーセンターが混雑していた理由である。日本人客と外国人客で受付時間の分散化が自然と図られているのだ。

ゲレンデでも分散化の状況が垣間見える。GALA湯沢を訪れる外国人を国別に見ると、オーストラリア、タイ、台湾が多いそうだ。雪を見るのは初めてという人もいるだろう。

GALA湯沢では、外国人向けにかまくら体験、雪だるま作り、雪見温泉、さらには日本古来の「かんじき」を履いての雪山散策といったプランを用意している。外国人客全員がスキーやスノボを楽しむわけではない。スキー場が必要以上に混雑することがないのだ。

今シーズンは暖冬による雪不足で多くのスキー場が苦戦している。GALA湯沢も1月8日時点で一部のコースが滑走不可となるなど、暖冬の影響と無縁ではない。とはいえ、雪遊びを楽しみたい外国人にとって、暖冬は関係ない。GALA湯沢の快走は今シーズンも続きそうだ。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。