あのGALA湯沢が今になって活況に沸く理由

アクセスの良さだけじゃない集客増の秘密

国内のスキー市場が低迷する中、数少ない“勝ち組”となっているスキー場があった

競技人口の激減が響き、経営難にあえいでいるスキー場は全国に数多い。「レジャー白書」によれば、スキー場のリフトやゴンドラの収入は1993年に1510億円でピークをつけた後、減少の一途をたどり、2010年には540億円まで落ち込んだ。その後も底ばいの状況が続いている。

そんな中、2006年に底を打ち、入場者数がうなぎのぼりに伸びているスキー場がある。JR東日本が運営するGALA湯沢スキー場だ。上越新幹線のガーラ湯沢駅と直結し、首都圏からの所要時間はわずか75分。日帰りできるスキー場として人気が高い。

JR東日本として初のリゾート開発

GALA湯沢がある新潟県湯沢町は、スキーヤーの聖地として知られる。町内には、西武グループが運営する苗場スキー場のほか、岩原、湯沢高原など多くの人気スキー場がある。

そこへ1990年に参入したのがGALA湯沢だ。「上越新幹線・越後湯沢駅に隣接する保線基地の裏山をスキー場にすれば、新幹線から直接スキー場に行ける」。スキー好きの地元のJR東日本社員の発案がきっかけとなり、社内プロジェクトが立ち上がった。

1987年に発足したJR東日本にとって、GALA湯沢は初めてのリゾート開発だった。「新生JR東日本の新しいイメージ作りにもなる」。当時副社長を務めていた山之内秀一郎氏は、自著『JRはなぜ変われたか』でこう振り返っている。スキー場の運営会社はJR東日本を筆頭株主に、湯沢町、塩沢町、中里町といった地元自治体も出資した。

スキー場のオープンに合わせて、ガーラ湯沢駅も新設された。駅の改札口を出ると、目の前はスキー場のチケットカウンター。そこでリフト券を買って、更衣室でウエアに着替えて、山頂行きのゴンドラに乗るという一連のプロセスがスムーズに行える。

次ページブーム終焉で惨憺たる状況に
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。