ポイント還元と現金値引き、どっちがお得?

行動経済学が教える正しいポイントの貯め方

目的がポイントを貯めることになってしまい、そのための手段として結果的に買い物金額が増えるという、本末転倒なことになっているのです。

ポイントのために「無駄」な買い物をしない

飛行機の搭乗マイルも似たような構造があります。つまりこれは消費者の「保有効果」や「選好の逆転」といった心理的なバイアスを利用することによって、売り手にとっては効果的なマーケティングになっていると言っていいでしょう。

したがって、最も正しいポイントの使い方は、貯めておくことはせずに、すぐに使うことです。とは言っても「貯めたくなる気持ち」というのは、なかなか自分でコントロールすることはできません。それに金利がつかないから損だとは言っても、昨今のような超低金利であれば、その差はたいしたことにはならないでしょう。

ですから、ポイントを貯めて楽しむということ自体が決して悪いというわけではありません。注意すべきことは、先ほどの「選好の逆転」です。ポイントを付けてもらいたいがために無駄な買い物をするということは、避けるべきです。でないと、まんまと売り手の術中にはまってしまうことになりかねません。

「同じ買い物をするなら、ポイントのつくお店にしよう」と、わざわざ遠いお店に出かけたり、「今日はポイント2倍デーだから何か買い物しなきゃ」といった行動を取ったりする人が多いようですが、これこそが、まさに売り手が狙っていることです。

ポイントはあくまでも割引のひとつであり、「おまけ」なのですから、それ自体にあまりこだわらず、プラスアルファ程度の楽しみにとどめておくことがよいのではないかと思います。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • スナックが呼んでいる
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。