就活に有利!ラジオ英語講座「5つの効用」

「NHK講座」でTOEICスコアをアップ<1>

私のNHK語学講座との出会いは、中学1年生で聞き始めたNHK「基礎英語」でした。それは中国語、韓国語、フランス語、スペイン語等と続く“語学オタク”の始まりでもあります。

毎日聴く習慣を身につけることによって、知らず知らずのうちにリスニング力がついてきました。講座を録音して、耳にタコが出来るくらい何回も聴いてフレーズを暗記。ちょうど洋楽の歌詞や、映画のセリフなどに興味を持つ時期と重なったため、それがわかるのが快感でした。

あこがれの講師をみつけることによって、番組を聴くモチベーションが格段に上がり、それに伴い実力もアップしました。さらに、その講師の著書も読みたくなり、学習の幅も広がりました。NHKラジオ講座は一流の講師陣をそろえていますので、是非よい出会いを見つけてください。

わからなくても聞き続けること

わからなくても聞き続けるのもポイントです。言葉はリズム感をつかむことが大切です。リズム感がつかめると、ある日突然、急に聞き取れるようになるときが訪れます。レベルが少し上の講座も、耳を慣らすために聞いてみてください。ずっとわからなかった箇所が聞き取れたときの気分は最高です。番組の内容を丸ごと覚えてしまうぐらい聴き込みましょう。

毎日決まった時間に講座を聴く習慣をつけるのも効果的です。勉強を習慣づけることでレベルは飛躍的に向上します。ネットで聴ける便利な時代になりましたが、早朝にラジオを聴くことで、生活スタイルが規則正しくなるのではないでしょうか。体力・気力も充実すれば、就活にもよい影響が出てくると思います。

次回は、実際にスコアアップする講座の活用法を解説します。
 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。