ゲオの動画配信は、「アダルトビデオ」で稼ぐ

50本のAVをラインナップ、毎週10本入れ替え

――エイベックスとの議論ではどんな点に時間をかけたか。

当社は実店舗をベースに動画配信を手がけるわけだが、その前提では、何が必要でどういう売り方をするかを、よく揉んだ。動画配信はインターネットをよく理解している層から広がるサービスだと思うが、市場が本格的に広がるには、ネットに明るくない人たちも取り込んでいかなければならない。この層にどうアプローチするかに両社ともこだわった。

――開始時期は遅いが、価格面でもコンテンツ面でも、競争力の強いサービスを設計したということか。

そうだ。後発だからこそ攻めていかなくては。

――動画配信はどれぐらいの規模に育つか。

正直に言って未知数だが、ユーザー数180万人を3年以内に目指すというのが、現在の計画だ。ただ、市場全体の勢いとの見合いでもあり、市場がそれ以上の勢いで成長していたら、180万人でも少ないし、ブームが来てなければ、逆にチャレンジングな目標になる。

無料動画YouTubeの方が怖い

「レンタルか動画配信かは客が選ぶ。選ばれた方をやるのみ」(遠藤社長)

――仮に180万人が達成できた場合、既存のレンタル事業はどうなっているか。

それでもやはり圧倒的に店舗の方が事業規模は大きい。

――レンタルが動画配信に置き換わっていく懸念はないか。

結局はお客様がどちらを選ぶかに尽きる。当社としては、選ばれた方をやるのみだ。

レンタル店の市場は、ゆるやかに縮小傾向にある。当社のポジションは、市場全体の傾向よりいいところにあるが、それでも減少はしている。しかし、この傾向が動画配信の影響かというと、そうでもない。スマートフォン(スマホ)でできる、いろんな娯楽に時間を消費することにお客様を奪われている、とみている。

――動画配信すらも使わず、YouTubeなどで無料動画を観るほうが、今後もやはり主流かも知れない……。

そうかもしれない。いまは動画配信以外との時間の取り合いのほうが、当社にとっては重要な競争要素。動画配信をメインに使う人と、店舗を利用する人の棲み分けもされていて、現状では食い合いになっていない。それよりは、「スマホを触っていれば時間が潰れていいじゃないか」という、まったく違う土俵で競争が起こっている感じ。それが当社が最大の危機感を抱いているところだ。

次ページTSUTAYAとは目指すところが違う
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT