2015年の大相撲界、心に響いた「10の言葉」

舞台裏で発せられた力士や親方たちの肉声

なぜ「今日からの3回だけ」なのか。

行司の世界は、入門順の年功序列で出世する。定年は65歳。2人は同じ56歳だが、伊之助の方が勘太夫より初土俵が1場所だけ早く、誕生日は約3カ月遅い。通常なら勘太夫は、誰もが夢見る庄之助になれないまま定年を迎えるのだ。入門した時は15歳。その時から変わらぬ運命を背負って、半世紀もの間、行司を務め続ける。

そして、あのコメント。勘太夫は3日間、何事もなく裁き切った。流れる水のごとく、自然な立ち振る舞いだった。

九、「これからは笑顔だけでいきますよ」(高砂親方)

高砂部屋の朝弁慶が九州場所での新十両昇進を決めた。

高砂部屋といえば、不祥事がきっかけで引退した横綱朝青龍も有名。高砂親方(元大関朝潮)は会見で「あの時は悪いことばかり。みなさん(報道陣)に追いかけ回され、車も傷つけられ、俺の心も傷ついたけど、気分いいね。これからは笑顔だけでいきますよ」と話し、報道陣の大爆笑を誘った。

高砂部屋は、部屋創設の1878年(明治11年)から関取が途絶えたことがない。秋場所までは朝赤龍だけだったが、9年ぶりに新十両が誕生し、部屋にとっては久しぶりに明るい話題となった。

高砂親方は今も、朝青龍のことをあまり語りたがらない。重くなってもおかしくないその場のムードは、笑い話で吹き飛ばした。

今は亡き理事長のあいさつ文

十、「北の湖敏満、代読、八角信芳」

日本相撲協会は、本場所の初日と千秋楽に「協会挨拶」を行う。理事長が三役以上の力士を従えて土俵に上がり、あいさつ文を読み上げるのだ。

九州場所13日目に北の湖理事長(元横綱、享年62歳)が急逝して迎えた千秋楽でのこと。八角理事長代行(元横綱北勝海)は、挨拶の最後をこう締めくくった。

「平成27年11月22日、公益財団法人日本相撲協会理事長、北の湖敏満、代読、八角信芳」

文中で訃報には触れず、最後に今は亡き理事長の名前を読んだ。そして、あえて代読とした。最後は涙声だった。その後、八角親方に「誰が文章を考えたんですか?」と舞台裏を聞いた。すると「周りのみんなと相談してね。本人がいちばん、土俵に立ちたかっただろうね」と教えてくれた。

華美でも地味でもない、粋なはからいだった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT