2015年の大相撲界、心に響いた「10の言葉」

舞台裏で発せられた力士や親方たちの肉声

その性格とは無関係に、実力はすごい。秋場所は11勝、九州場所は13勝で十両優勝。一気に新入幕を決めてしまった。これだけ強かったら、彼女はすぐにできるでしょう。

六、「青春って、そういうことだね」(白鵬)

秋場所から宮城野部屋が移転した。耐震構造上、建物がこれ以上の稽古に耐えられなくなったためだ。白鵬にとっては、15歳で来日してから人生の約半分を過ごした場所。秋場所前、綱打ちの日に思い出を語った。

色気のある言葉、覚悟を示す言葉

「恋人と別れる。青春ってそういうことだね。土俵がいちばんですからね。別れをする時が来たなと。でも、土は向こうに持っていく。そのものが移動できれば、寂しさも多少、薄くなるだろうし。テッポウ柱を見て、思い出せばいいのかな」

白鵬は時々、色気のある言葉を言う。部屋の移転を前に、ノスタルジックな気持ちになったのかもしれない。

初めて宮城野部屋を訪れた人の多くは、稽古場が思ったより狭いことに驚く。そんな環境でも大横綱になった。白鵬は、初めてこの部屋に来た日をはっきり覚えていた。15年間の苦労を思うと、少し泣けた。

七、「ただ土俵で勝つだけじゃない」(若の里)

若の里が秋場所前に引退を発表。会見の席で「若い力士にいちばん伝えたいことは?」と聞かれ、こう答えた。

「ただ土俵の上で勝つだけじゃなく、稽古場も、私生活も、本場所はもちろんですけども、まじめに取り組む力士、そういう人が1人でも多く出てきてくれたらと思います」

通算勝利数は歴代7位の914勝。一点の曇りもない、正々堂々の戦いを続けてきた。勝っても負けても、土俵上では表情を変えない。稽古場では黙々と体を動かした。体現してきたからこそ、言葉に重みがある。

八、「定年まで結びを裁くのは今日からの3回だけ」(式守勘太夫)

九州場所7日目、第40代式守伊之助が軍配を差し違えた。最近2場所で3度目の差し違えとなり、8日目から3日間の出場停止処分を科された。立行司への処分は15年ぶりだった。8日目、代わりに結びの一番を裁くことになった三役格行司、式守勘太夫は言った。

「集中して、つつがなくこなしたい。水が流れるがごとくです。定年まで結びを裁くのは今日からの3回だけと思っています」

潔く、覚悟を示す言葉だった。

現在、行司の最高位にあたる木村庄之助は不在。そのため、もう1人の立行司である伊之助が結びを裁いている。その伊之助が思わぬ形で休場となり、勘太夫に大役が回ってきたのだ。

次ページ高砂親方の会見
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT