竹中平蔵氏「だから僕は歴史を学んできた」

今年こそ!歴史を見る「3つのポイント」

海外から、日本はレジリエントな国と言われています。レジリエンスとは、復元力という意味です。

阪神淡路大震災のあと、プロ野球のオリックスブルーウェーブは「がんばろう神戸」と謳い、東日本大震災のあとは、「がんばろう日本」というフレーズを多くの人が口にしました。

東日本大震災の際、Twitterに、「電車に乗っていたら、大変なことが起きていますが、こういう時こそがんばりどころです、みんなで力を合わせて乗り切りましょう、というアナウンスが流れて感動した」という内容のつぶやきが流れました。そういうスピリットが出てくるのです。

MITメディアラボ(米国マサチューセッツ工科大学の研究所)では、アフターインターネットの時代で、パラダイムが変わってきた、価値観が変わったということをいくつか言葉で表していますが、その中に、「レジリエンス・オーバー・ストレングス/強さよりも復元力が大事だ」、という言葉があります。強い会社だって潰れることがある、それを復元する力が大切なのです。

大震災でもそうです。復元力が重要であり、日本は復元力そのものといってもいい。それが日本の素晴らしさです。

今起きている現象の多くは、歴史の中からその要因、成り立ちを探ることができます。それを知ることが、これからどうすべきかを考える礎になります。

後編は、歴史を築いてきた人物に焦点を当ててみたいと思います。

(撮影:今祥雄)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中学受験のリアル
  • 若手社員のための「社会人入門」
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。