アルビレックス新潟の奇跡:池田弘が語る人と組織の育て方(第2回)--指導者は「先生」ではなく、「インストラクター」であるべきだ

アルビレックス新潟の奇跡:池田弘が語る人と組織の育て方(第2回)--指導者は「先生」ではなく、「インストラクター」であるべきだ

--少子化が進み、大学の進学率が上がる中で専門学校の苦境が伝えられていますが、NSGグループの専門学校は人気が高く好調ですね。

大学の定員割れが叫ばれていますが、それは専門学校も同じこと。確かに全国的には厳しい状況ですが、その中でもやり方はあると思います。今は大学や短大を卒業してから専門学校に入学してくる人が増えていますが、就職が厳しいので「自分の好きなことはなんだろう」と原点に戻って学び直しているのです。その中で、専門学校同士の競争もあるし、大学と専門学校の競争もあります。

そこで生き残ることができているのは、専門学校では時代に合わせた学科の改変が比較的容易にできるというのも要因の一つでしょう。大学では難しいのですが、専門学校は新しい分野をつくり、その先端にいる人材を講師としてどんどん採用することができます。そして、その市場が日本になければ、海外と提携して情報や人材を入手すればいいのですよ。

 

関連記事
トピックボードAD
  • 北朝鮮ニュース
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。