ギリシャ問題、実は「宗教」に起因していた!

「地政学」で経済ニュースがよくわかる

同じ時期にヨーロッパの移民が海を渡って開拓した中南米の国々が、米国のような経済発展を遂げられなかったのはなぜでしょうか。米国と比べて資源も豊かなのに、なぜ……?

中南米に乗り込んでいったのは、スペイン人とポルトガル人。つまりカトリック教徒だったのです。

だから南欧諸国と同じように勤労に価値を見出せず、経済発展の面で後れをとったのです。このような歴史を見ていくと、宗教などの文化的背景が一国の経済にもたらす影響の大きさを実感できるでしょう。

ロシアが経済大国になれないのはなぜ?

文化的背景が国の経済に影響をもたらす例を、もうひとつ見てみましょう。ロシアです。

ロシアは、国土も広く、資源にも恵まれている。それなのに経済が弱く、世界を牽引するような大企業が生まれなかったのは、なぜでしょうか。

これもキリスト教が大いに関係しています。カトリックやプロテスタントなど、西ヨーロッパのキリスト教は、罪の意識が強い。「原罪」といって、「人間は生まれながらに罪を負っている。だから、その罪を清めないと神様に救ってもらえない」という教えです。

どうやってその原罪を清めるかというと、カトリックは教会に一生懸命寄付をすること、プロテスタントは勤勉に働くことが奨励されたのです。

ところがギリシャからロシアに広まった正教会(東方教会)は、もともと原罪の意識が希薄なのです。そういう意味で、「何かを一生懸命やらなければ」という切迫感が乏しい。だから、カトリックとは違う理由で、勤労意欲も希薄なのです。ロシアとギリシャが経済的に弱いのも、宗教的な背景から説明できるのです。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 財新
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
羽田空港クライシス<br>コロナ禍で国際線が大混迷

新型コロナウイルスによる旅客減は、世界のエアラインの経営に大打撃を与えています。そうした中で羽田空港の国際線大幅増便が3月29日にスタートします。日本の「空の玄関口」は大丈夫か。現状と課題を総点検しました。