農業は川下から変わる、ブランド構築、情報化が農家を強くする《農業を変えるビジネス革命》


「将来の方向性としては、生産情報を農家と小売りが共有し、アライアンスを強める方向に行くのではないか」と予測するのは、農家向けの生産・物流システムを販売するアグリコンパスの森下司社長だ。今は販路をいち早く開拓した農業法人が潤っているが、同様の動きを進める農家が増えれば、外食や小売りが今より選択権を持つ時代が来る。そこで問われるのは、ものづくりのマネジメント力だ。

納期管理のため、生産情報をエクセルなどでデータ化している農家は多い。今後、さらに踏み込んで圃場ごとの原価などがリアルタイムでわかるようになれば、対顧客での交渉力が増す。川下との結び付きを強化するほど、マーケティングとものづくりの両面で農業は産業としての色を濃くすることになりそうだ。

(週刊東洋経済2012年7月28日号より)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
イオン23年ぶりトップ交代<br>新社長に2つの重い課題

GMS(総合スーパー)最大手のイオンが23年ぶりの社長交代を決めました。ただ、目下のグループ経営は、低採算にあえぐGMS事業、緒に就いたばかりのネットスーパー事業と課題が山積。荒波が押し寄せる船出で、針路が注目されます。

  • 新刊
  • ランキング