【キーマンズ・インタビュー】人材育成によるノーマライゼーション社会の実現に取り組む--塩崎雅大・TOHOシネマズ人事労政部人材開発室マネジャーに聞く

 

雇用にあたっては、障害者を支援する環境も重要視している。私たちは福祉のプロではない。障害者の方を雇用するには、やはり支援する方々やご家族の援助なしでは雇用は難しいと考えている。劇場担当者は、障害者を取り巻く様々な方々と協力しながら雇用を創出することで地域社会に貢献していく、という考えのもと障害者雇用を推進している。

--障害者の方はどんな業務を担当していますか?

当社で障害者の方が担当している業務は、フロア案内、チケット販売、ストアでのグッズ販売、売店で飲食物販売、館内の清掃、事務など様々な業務があるが、どの業務においても必要なのは、コミュニケーション能力や会話能力となる。

お客様との接客については、衣服の販売や飲食業では1分以上かかることが多いだろう。しかし、劇場での接客接遇に係る時間は比較的短時間であり、1分以上の時間がかかる接客接遇は多くない。TOHOシネマズで障害者雇用がスムーズに定着した理由の一つには、映画館での接客接遇という業種特性があるともいえる。

--選考や配置はどのように行っていますか?

まず書類選考を本社と勤務希望劇場で実施する。次に勤務希望劇場で書類選考通過者を面接し、採否を決める。業務内容の原則は接客。したがって採否は、将来的に接客が出来るかどうかを基準として決めている。

障害者雇用というと、特別枠の採用のように思うかもしれないが、当社は法定雇用率の達成を目的としていないし、福祉事業とも位置づけておらず、採用ではパフォーマンスを求める。したがって採否の基準は他のアルバイト採用とあまり変わらない。

ただ配属にあたっては、業務に合わせて人を配置するのではなく、人に合わせて業務を切り出すという工夫をしている。また障害者の中には通院が必要な人もおり、勤務時間にも配慮する。ただし原則は週20時間以上の勤務を求めている。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
部品3社が日立の傘下に<br>始まったホンダ系列大再編

ホンダと日立製作所が傘下自動車部品メーカーの経営統合を発表した。日立オートモティブシステムズがホンダ系のケーヒン、ショーワ、日信工業を吸収し、国内3位に躍り出る。世界のメガサプライヤーに対抗できるか。再編新時代が始まった。