イギリスは「テロとの百年戦争」の最中にある

ロンドンは、ずっと過激派の標的だった

この前後から、イスラム過激派のテロも始まった。1988年12月22日に銀行のオフィスに出勤すると、空気が異様に重苦しく張りつめていた。前夜、パンナムのジャンボ機が爆破されてスコットランドのロッカビーに墜落し、亡くなった259人の乗客・乗員の中に、勤務先の銀行から英国の経営大学院に派遣されていた26歳の日本人行員が含まれていたのだ。犯人はリビアの情報機関に所属する2人の男だった。

2005年7月7日には、ロンドン中心街にある3つの地下鉄駅と1台のバスの中で、アルカイダによる自爆テロが起き、4人の犯人を含む56人が死亡した。シティの銀行で働いている家内は、幸いテロには巻き込まれなかったが、交通が完全に麻痺したため、25kmの道のりを約6時間かけて歩いて帰って来た。

不屈の「ジョンブル魂」

英国人たちは、人が多く集まる場所や、テロの標的になりそうな目立つ施設(証券取引所、中央銀行、高層ビル、米国大使館など)にはなるべく近づかないようにしている。繁華街に行くのは金曜日や週末の夜を避ける。持ち主不明の鞄などがあれば、すぐにその場所の管理者や警察に伝える(日本では持ち物を放置したままトイレに行ったりする「起き鞄」という習慣があるが、世界でこれをやるのは日本人だけだ)。

また交通機関が麻痺したときのために、スニーカーとデイパックで通勤する人も多い。それから中東・アフリカへの渡航経験が多い作家の曽野綾子さんも言っているが、周囲の人の数が減ったり、不穏な気配を感じたら、何も考えずに近くの建物の中に入る。理由を探してうろうろしたりすると、流れ弾に当たったりするからだ。

ただ英国人たちを見ていると、テロを怖がっている人はほとんどいない。交通事故よりはるかに確率は低いので、遭ったら遭ったで仕方がないと思っている。下手に怖がったりすれば、テロリストの思うつぼなので、危なそうな場所にも用事があれば堂々と出かけて行く。このあたりは英国伝統の不屈の“ジョンブル魂”である。

個人で1つ大きな注意を払うことができるのは、飛行機選びだ。今でいえば米、英、仏、露などの飛行機は常にテロの危険性があるので、避けた方が無難である。

去る8月にも、南アフリカ発の英国航空機の車輪収納スペースに2人の密航者が忍び込み、ロンドンに到着したときには1人が死亡、もう1人が重体になっていた。密航者が入れるくらいだから、爆弾を仕掛ける隙は十分ある。

次ページむしろ安全なイスラエルの航空会社
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。