最高益HIS、忍び寄る海外テロに一抹の不安

海外旅行事業に吹き寄せるイベントリスク

HISの店頭に置いてあるツアーパンフレットには、フランスの文字が色濃く印刷されたままだ

「僕らは平和産業。テロばっかりじゃ、やってられないよ――。ある旅行会社の首脳はそう嘆く。

旅行会社大手HISは12月4日、2015年度(2014年11月~2015年10月期)本決算を発表した。売上高は5374億円(前期比2.7%増)、営業利益は199億円(同25.6%)と、大幅な増収増益を達成。純利益は108億円(同20.3%増)と、3期ぶりに過去最高を更新した。

主力の旅行事業の部門利益は125億円(前期比21.5%増)。ビジネスクラス利用コースの拡充、添乗員同行ツアーの販売が好調だったことが、収益に貢献した。

売上高では300億円程度に過ぎないテーマパーク事業も、部門利益は94億円(同21.8%増)と、ほぼ旅行事業に並ぶ水準をたたき出した。ハウステンボスで、今年5月に開設した「健康と美の王国」や「変なホテル」、花火やプールなど、季節に合わせた強化策が集客増につながったためだ。

連続最高益でもテロに質問集中

2015年度決算と同時に明らかにした、2016年度(2015年11月~2016年10月期)の見通しは、売上高5900億円(前期比9.8%増)、営業利益228億円(同14.2%増)。純利益も123億円(同12.9%増)と、2期連続で最高益を更新する見込みを示している。

引き続き、国内・海外の旅行事業が好調なことや、部門利益率が2割近いハウステンボスなどのテーマパーク事業で、客数の増加が続くことを想定しているためだ。

今年度も好調を維持する見通しのHIS。が、決算会見の場では、3週間前の11月中旬に起きた、パリ同時テロ事件の影響について、質問が集中した。

平林朗社長は「約3000人のキャンセルが出たフランス行きの予約は前期比で7割減。欧州全体では3~4割減になっている」と説明。ただ、今期の見通しについては、「欧州以外の数字は上がっており、全体ではプラスになる」という。

次ページ本当の影響は来春以降?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 今見るべきネット配信番組
  • 近所で有名な「気になる夫」の生態
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT