22ものSNSを使いこなしO2Oを展開するローソン、成功の秘訣(後編)《O2Oビジネス最前線・黎明期を迎えた新・消費革命》


「ソーシャルメディアであれば、すべての媒体を理解したい。ユーザーとして全部使ってみること。ユーザー目線が大切。ソーシャルメディアは流れが速い。今は先行してできているが、遅れないようにしたい。つねにウェブの業界の方々とコミュニケーションをとって最先端の情報をインプットする。それを社内に報告して共有していく」(白井氏)。

白井氏は、できるだけ広告代理店を通さず、各媒体と直接やり取りをし、最新の情報を仕入れている。日常的にFacebookで気軽にコミュニケーションをとる。こうしたやりとりがきっかけで実際の案件に発展することもある。

今後のローソンの大きな課題は、全社的なミッションである海外展開だ。白井氏は、国内での成功事例や成功体験をもとに海外に向けてもO2O施策を手掛けていくことになるだろう。

「ソーシャルメディアは何に強いかというと、国内だけではなく海外でも通用するということ。ユニクロのように、ローソンもソーシャルメディアを総合的に使って日本発のコンビニとして海外へ出ていきたい」と白井氏は話す。

ローソンは、多種多様なソーシャルメディアを活用したO2O施策に部署横断で取り組んでいる。成功の背景には、経営層の理解、社内の協力体制がある。加えて、大きな成功の要因として、立役者である白井氏の存在があるのは間違いない。

第二、第三の「白井氏」を生み出せるか。実は、それが今後のローソンのO2O戦略のカギなのかもしれない。

(ITアナリスト・松浦由美子 撮影:今井康一 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT