維新、「円満離婚」とは程遠いドタバタの内幕

具体的な解党日もまだ決まっていない

両グループは、『維新の党』円満解決合意基本事項」と題された合意書に署名した

揉めに揉めた「維新の党」と「おおさか維新の会」が、12月8日になってようやく「解党」をすることで合意した。国会内で維新の党の松野頼久代表と今井雅人幹事長が「維新の党 松野グループ」代表として、おおさか維新の会の片山虎之助参院議員と馬場伸幸衆院議員が「維新の党 橋下グループ」代表として、「『維新の党』円満解決合意基本事項」と題された合意書に署名した。

わざわざ「円満」との文字を入れたところが、相手方を「偽物」とののしり、裁判に訴え、検察にまで告訴した双方の関係の微妙さが伺える。

「円満」解決の合意事項とは?

合意の内容は以下の通りだ。

1. 野党再編のためにお互いが協力して進めること。
2.「維新の党」は円満解散する。
3. 新党結成後の新党名については「維新の党」は野党再編時まで「維新の党」名を継続する。「おおさか維新の会」はそのままの名称を継続する。
4. 今年の「維新の党」へ交付された政党交付金残高の中から、両新党が必要な金額を精算し、残金はすべて国庫に返納する。
5. 一般党員から集められた党費についてはすべて返還する。

 

書面に署名して片山氏と馬場氏が会場を去った後、松野氏はすっきりした表情で軽やかにこう言い放った。「バカな話だよ。10月にやっておけばよかったのに」。

今回の合意により、10月に凍結された政党交付金はどうなるのだろうか。

次ページ政党交付金はどうなる?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 住みよさランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。