維新、「円満離婚」とは程遠いドタバタの内幕 具体的な解党日もまだ決まっていない

印刷
A
A
両グループは、『維新の党』円満解決合意基本事項」と題された合意書に署名した

揉めに揉めた「維新の党」と「おおさか維新の会」が、12月8日になってようやく「解党」をすることで合意した。国会内で維新の党の松野頼久代表と今井雅人幹事長が「維新の党 松野グループ」代表として、おおさか維新の会の片山虎之助参院議員と馬場伸幸衆院議員が「維新の党 橋下グループ」代表として、「『維新の党』円満解決合意基本事項」と題された合意書に署名した。

わざわざ「円満」との文字を入れたところが、相手方を「偽物」とののしり、裁判に訴え、検察にまで告訴した双方の関係の微妙さが伺える。

「円満」解決の合意事項とは?

合意の内容は以下の通りだ。

1. 野党再編のためにお互いが協力して進めること。
2.「維新の党」は円満解散する。
3. 新党結成後の新党名については「維新の党」は野党再編時まで「維新の党」名を継続する。「おおさか維新の会」はそのままの名称を継続する。
4. 今年の「維新の党」へ交付された政党交付金残高の中から、両新党が必要な金額を精算し、残金はすべて国庫に返納する。
5. 一般党員から集められた党費についてはすべて返還する。

 

書面に署名して片山氏と馬場氏が会場を去った後、松野氏はすっきりした表情で軽やかにこう言い放った。「バカな話だよ。10月にやっておけばよかったのに」。

今回の合意により、10月に凍結された政党交付金はどうなるのだろうか。

次ページ政党交付金はどうなる?
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT