「瞑想」と「深い呼吸」が折れない心をつくる

米国防の要「ペンタゴン」が認めるその効果

ここで試しに、自分のストレス具合を測ってみることにしよう。時計を目の前に置き、1分間に何回呼吸をしたかを数えるのだ。あなたは何回呼吸をしただろうか。

呼吸の理想は1分間に8~10回

現代人の呼吸回数の平均は、1分間に12-16回とされる。しかし理想の呼吸は8-10回。つまり理想の呼吸をしている人以外は、ストレスやその他で呼吸が浅くなっている可能性が大だ。中には20回というような人もいるが、そういう人は完全にストレス過多である。

理想回数より多いと、肺容量を十分に使った深い呼吸が出来ず、十分な酸素の循環がなされない。しかも呼吸をする際に重要になるのは、口で呼吸をしないことだ。基本呼吸の理想形は「鼻から吸って口から吐く」である。鼻の粘膜には繊毛と呼ばれる無数の細かな毛が生えているが、この繊毛がウィルスや最近、埃などの異物が身体に入りこむことを防いでいる。

ペンタゴンでは「呼吸を制する者は、勝負を制す」という格言があるほど、呼吸を重要視している。訓練する呼吸の種類も豊富で、ピークパフォーマンスを実現するスナイパーの呼吸法など、かなり実践的なものも存在するが、いずれにしてもこの「基本呼吸」がすべてのベースだ。

しっかりとした呼吸は、血圧や心拍数の正常化、疲労回復、活力増加などの効果をもたらし、心にもキャパシティーを与える。瞑想と正しく深い呼吸――いつでもどこでも、いっさいおカネをかけずに実践可能な、素晴らしいテクニックだ。「心が折れそう」、「ストレス過多」という意識がある人もない人も、ぜひ試してほしい。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT