渡邉美樹議員「ワタミには1000%戻らない」 赤字転落した古巣を想う創業者の胸中

印刷
A
A

――”ブラック企業”批判についてはどう受け止めるか。

働くという文化が間違っていたわけではない。しっかり会社がコントロールできなかったから、2008年に入社2カ月の社員が命を絶ってしまった。僕の責任と思っている。もしも裁判が和解したら、真っ先に墓参りに行きたい。

――政治の世界に入って悔いはないか。経営者のようにワンマンでいられないが。

ワタミにとって、今起きていることは、いいことだ。もし僕がずっと社長をやっていたら、死んだ後に間違いなく会社は潰れている。現在、ワタミは血を流しながら、前に進もうとしているし、しっかりと見守っていきたい。

過去30年間で身につけた、経営者としてのノウハウ、知識、経験。これらは(既存の)政治家の方々にないものということを2年間で確信した。僕には僕の役割がある。その面からいえば、悔いはない。

高齢者や子供が安心できる社会を

「もともとは教育が僕のライフワーク」(渡邉議員)

――ワタミが再び危機に陥っても会社には戻らない?

会社=子供が死ぬとなったとき、それを横で見ている親はいない。自分の財産も何もかも全て投げ打って、救いにいくのは当然のこと。だが絶対、そのような状況にはしない。十分反省もしたし、先のことも見えてきている。ワタミに戻ることは1000%ない。そんな気があったら、議員にはなっていないよ(笑)。

――政治家として、これからの目標は。

まず一つは、高齢者が安心して暮らせるように、年金は絶対に守らなければならない。もう一つは、発展途上国でご飯が食べられず死んでいく子供、勉強したくてもできない子供たちを救いたい。

政治家として残り3年半の任期があるが、次も出るかどうかは決めていない。自分しか持っていない役割が使えるか、残りの任期中に見極めたい。政治の世界で使えないとなったら、もともと教育が僕のライフワークだから、そちらに力を入れていく。 

「週刊東洋経済」2015年11月28日号<11月24日発売>「核心リポート04」に加筆)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT