がん発症を疑う所見なし、県民不安解消に努力

福島県の小児甲状腺検査キーマンに聞く

 

3割超で嚢胞・結節 何を意味するのか

--3月末までの甲状腺検査結果(表)では35・1%の子どもから水分を含んだ袋状の嚢胞(ポリープ)が見つかっています。結節(充実性の隆起)が認められた子どもは1・0%(うち5・1ミリメートル以上の結節を持つ子どもの割合は0・48%)に上ります。この数字を見て、不安を感じる親が少なくありません。

鈴木 (嚢胞を持つ子どもの割合が35%、結節で1%という)数字はかなり小さいものまできちんと拾い上げた結果だ。最近の超音波検査機器は性能がよいため、わずか1ミリメートルの結節や嚢胞も読み取ることができる。また、大人の甲状腺検査では「所見なし」とされる可能性のある2~3ミリメートルのものも、今回の検査ではしっかりとカルテに記録している。

甲状腺治療の専門家の会議で報告した際も、とても多いとか驚いたといった声は聞こえてこなかった。私自身も想定の範囲内ととらえている。ただ、原発事故の直後から多数の子どもを対象に甲状腺を検査した事例は世界的にもないので、今後しっかりと経過を見ていく必要がある。

約36万人を対象に2年半で先行検査を終了させ、その後20歳になるまでは2年ごと、20歳以降は5年ごとに検査を実施していく。3月末までに検査にかかわった医師や技師は県立医大および県外の大学、県内従事者などを合わせ、延べ500人以上に上る。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT